終映 ‘SKYキャッスル’, 典型的韓国ドラマの結末。..”スカイ ‘ケブング’?”(総合)

7K4i6qB_o

ドラマ ‘SKYキャッスル’ 結末はやっぱり韓国ドラマの限界を飛び越えることができなかった。1日午後放送されたJTBC ‘SKYキャッスル’ではその間劇の中で登場人物たちを縛りつけた葛藤が一つずつ解ける過程が盛られた。キム・ヘナ(キム・ボラの方)の死後自退を決心したファン宇宙(チァンフィ分)と検定試験を準備する隷書の姿が描かれた。またハン・ソジン(ヨム・ジョンアの方)は姑から認められて家庭の安定を取り戻し、カン樽床も病院をやめてその間ハン・ソジンと子たちにできなかった仮装(家長)として責任を負おうとする努力を見せた。掻繩汪(ユン・セアの方)とチァミンヒョック(キム・ビョンチョル方) 夫婦は夫がそのように強調したピラミッドを家で撤去して真正な幸せを取り戻そうとする睦まじい家庭の雰囲気を作った。またキム・ジュヨン(キム・ソヒョン分)と朝鮮生(イ・ヒョンジンの方)の刑務所収監は勧善懲悪と因果応報を思い浮かべるようにした。こんなにこの日放送はヒェナの死後皆が生の真正な意味を悟って、正しい道を歩くために懺悔して進む暖かい住民たちの姿で最終回に迎えた。果して16回の放送分を通じて視聴者に言いたかった ‘幸せは成績スンイではない’と言う言葉が触れる結末だった。しかしネチズンはこの結末がとても気に入る気付きではない。理由は劇の中で人物たちが先立って15回の放送分間見えて来た性格とあまりにも他の面貌を見せてまるで強制的に暖かい雰囲気を催そうとすることが感じられたからだ。一番先に、その間ハン・ソジンをそのように苦しめて来た姑は突然と急にハン・ソジンに暖かくて善良で慈しみ深い姑に変わって彼を対する。だけでなくその間お金と名誉しか分からなくて覚醒の気味も見えなかったカン樽床は急にヒェナの死以後自分の先日を反省して病院をやめる決定に至る。特にハン・ソジンとカン樽床が “私がヒェナにもっとよくしてくれたら” “私が奥さんにもっと好きな夫だったら”と後悔する対話は視聴者たちに適応されない乖離感だけ残しただけだ。この日 ‘SKYキャッスル’を見た視聴者たちは “とても人為的なハッピーエンド。期待があまりカットナ”(love****) “最後の回は見ないのがもっと優れるよう。とても幼稚でオグルゴリム。急にみんな他人で変身”(laov****) “本当に19火で終わらせるのが一番良かった。これは何の結末。すべてハッピーハッピー”(skda****) “19火に終わらせたのが。..急に雰囲気ハッピー。..”(plen****) などコメントを残して ‘SKYキャッスル’の竜頭蛇尾結末を惜しむ。一方 ‘SKY キャッスル’は大韓民国上位0.1%が集まって住むSKY キャッスル中で夫は王で、私の子は天下一王子と王女に育てたい名門家出身奥様たちの悽絶な欲望を隅隅までのぞき見るリアルコミック諷刺ドラマだ。後続ドラマでは ‘リーガル・ハイ’が来る8日から放送される。
ソース : [http://news.tf.co.kr/read/entertain/1744702.htm, 2019/02/02 05:00:02]