ユノフロー、韓国でラッパーで暮すというの(映像)

nT17crB_o

“いくら韓国へ来ると言う暮すと言っても、私はずっと異邦人であるんです。”ラッパーユノフロー(28・本名パク・ジュンホ).カリフォルニア州の小さい都市、Fullertonで出て育ちました。彼は幼い時からラップが好きではあったが、家族たちの期待で自然に医大に入って意思を夢見た平凡な少年でした。ラッパーで舞台にソルゴとは夢にも想像することができなかった理由です。しかしラッパーになる運命は彼を韓国に導いて偶然に出演した ‘ショー・ミー・ザ・マネー5’で彼の人生は180度変化したと言います。”どうして落ちたのか、分からないです。”流行語も残しました。’ショー・ミー・ザ・マネー5’で特別なラップ実力を見せてくれたが、惜しく脱落したんですよ。そしてシーズン7.もう一度サバイバルに挑戦したズノープルでは思いきり技倆を広げて今年、いよいよ初正規アルバム ‘Statues’を売り出して人々の前に立ちました。お正月連休を鼻先に置いた去る22日。ドペックト社屋で会った28歳、若い青年ラッパーの話をこれから始めます。去る1月9日公開されたズノープルへの ‘Statues’.初正規アルバムです。ミックステープ、EP アルバム、フィーチャリングなどで着実に活動したが、今度アルバムでカムバックした気持ちは以前と全然違うという彼。いつもこの日を夢見て来たと言います。あるミュージシャンにも初正規アルバムは特別な意味を持つからです。”正規1集 ‘Statues’は私が作詞、作曲、プロデューシングに皆参加しました。あれほど愛着が行くアルバムです。今まで人々に聞かせたかったズノープルへの音楽を一枚に盛ったと思えば良いようです。”ズノープルへのアルバムを開くやいなや一番目立つことは50%の韓国語と50%の英語家事。相変らず韓国語で疏通するのがぎこちない彼に韓国語家事で自分の話を伝達することはかなり大きい挑戦でした。”韓国語で言うことも難しいのに韓国語歌詞を書くことはもっと難しかったです(笑い).表現が大丈夫か、綴字法は振られなかったのか歌詞を書く度に分かる兄さんたちにチェックしてくれと頼みました。ところでそのように毎度検閲にあうから、どの瞬間歌詞書くのが大変だったんですよ。それでそのまま ‘まず使ってみよう’は心得で歌詞を書いて以後に綴字法をチェクヘッです。”ズノープルでは今度アルバムで一番愛着が行くトラックで ‘Palm Trees'(椰子樹)を指折りました。ズノープルでがラップで成功をして自分の故郷であるLAで幸せに生きるという内容を記したクムガッは家事が印象的です。”LAに椰子樹が多いんですよ(笑い).それで歌題目を ‘Palm Trees’で作りました。私が住んだ生、暮したい生を率直に打ち明けた曲だからもっと愛情が行ったようです。2年後なら私が願うのを得ることができると思います。”一方 ‘スポーティジ'(Sportage’07)は作業しながら一番大変だったトラックでした。ラベルの首長、タイガーjkがユノフローに譲った車、スポーティジにお爺さんを書き取ったが思ったよりビートとメロディーが気に入らなくて何回修正を通したと言います。”タイガーjk型が韓国へ来てよくできた後に初めてサン車を私に譲りました。そこでお爺さんを受けて曲を作ったが思ったより長くかかりました。人々が ‘ラッパー’と言えばとても高い車を脱去と思うが、私は古いスポーティジに乗ってもよく通って満足するんですよ。’遅いが塗った道に行こう’は哲学が盛られてほしいのに作業しました。”今年ズノープルではいつよりも忙しい一年を送る計画です。全国ツアーから国外公演までもうかさかさなズノープルへのプランナーが人目を引きます。長年の時間念を入れて作った初正規アルバムに最大限多く、最大限多様な人々に会って疏通したいという彼の目標が行われるのを願います。”多様なコンテンツを作って大衆と疏通したいです。今までは結果物がなくて自信あるように人々の前に出ることができなかったが、もう正規アルバムが出たからそんなことができます。’ショー・ミー・ザ・マネー’のユノフローと呼ばれるより、ラッパーユノフローと呼ばれるのを希望しながら。今度お正月にも家族たちは見られないです。公演して働くために忙しいようですよ。いつも私の腹中深み ‘ウェストサイド出身’という自負心があるからさびしさも大丈夫です。異邦人という視線も耐えることができます。見守ってください。”
ソース : [http://news.tf.co.kr/read/entertain/1744728.htm, 2019/02/03 09:00:03]