勝利 “ボニングソン運営関与NO…責任を負うべき事責任を負う”(公式)

h7BSdrB_o

グループビッグバンの勝利(本名イ・スンヒョン・29)がクラブボニングソン論難と係わって口を割った。暴行事件が報道されてから六日ぶりだ。勝利は2日午後自分のインスタグラムに “実質的なクラブの経営と運営は自らの役割ではなかった”と明らかにした。彼は “初めてクラブに関与するようになったことはビッグバン活動がしばらく中断されてソロ活動を始めながら、いつでも安心して音楽を振ることができる場所でDJ 活動を並行したいという心であった”と説明した。引き継いで “ちょうど広報を担当するクラブ社内取締役を引き受けて対外的にクラブを知らせる役目を担当した”とし “(経営と運営に) はじめから関与しなかったから今度事件もはじめから責任ある姿をお見せすることができなかった点深く反省する”と言った。勝利は “暴行事件当時私は現場にあらなかった”と言った。引き継いで “スタッフを通じてお客さんと職員間双方暴行があったし警察で調査中だという位に今度事件を初めて分かった”と強調した。それとともに “事業場性格上争いが頻繁に起きるのに今度にも大きい問題なしに円満に解決されてほしかった”と付け加えた。また彼は “暴行事件に触発されたイシューが最近は麻薬や薬物関連マスコミ報道につながっている”とし “この部分においては私が直接見たり聞いてみたこともない。徹底的な調査を通じて真相究明をして、罪があったら厳重な処罰があったらと思う心だ。当時社内取締役を引き受けていた私も責任を負うべき事があったらすべての責任を負う”と強調した。勝利の妹とお父さんは今度事件と係わって積極解き明かして出た。勝利の妹は2日自分のSNSにクラブボニングソン関連映像リンクを載せた。この映像は ‘勝利ボニングソン事件のスカイキャッスル級反転ショッキング真実’という題目でフェイスブックページに載せられた映像だ。勝利妹は “お兄さんがこれ以上けがをしないように手伝ってください”と言いながら映像を共有してくれと訴えた。該当の映像には最近クラブボニングソンで起きた暴行事件当時CCTV 映像を編集して字幕と一緒に要約したのだ。クラブ用心棒たちにポヘングあったと主張するお客さんキム氏がある女性お客さんをセクハラして、クラブ関係者と警察に暴力的に対したと主張する内容が込められた。勝利のお父さんも同じな日世界日報とインタビューで “とてもつらくて切ない”と息子を取り囲んだ報道と係わって悩み苦しんだ心を仄めかした。彼は “持分を持つだけな社内引っ越しなのに放送で自分が運営するとものを言って勝利クラブになってしまった。営業状況を報告受けたり指揮する位置ではなかった。顛末が分からないのに暴行事件が起こったという理由だけで勝利クラブだと追いたてる報道が出ている”と悔しさをあらわした。先月28日MBC ‘ニュースデスク’で ‘ボニングソン暴行事件’の状況が盛られたCCTV 映像が公開された。暴行にあったと主張したキムさんは ‘ニュースデスク’とインタビューで “ガード(保安要員)らが手伝ってくれてした人が主導的に私を殴った。恥かしかった。人々がすべて眺めるのに覚える”と言った。当時キムさんは長さんと保安要員がクラブに入って行った以後112に電話をかけて届けた。しかし現場に到着した警察はクラブ関係者と話を取り交わした後申告者であるキムさんに手かせをかけた。警察は状況が盛られたCCTVも確認しないで、地球どおり出て調査受けなさいと通報をしたというのがキムさんの主張だ。この事件が一波万波広がると青瓦台国民請願掲示板に請願文が上って来た。またSBS ‘それが分かりたい’がこれと関した情報提供を受けているという事実が知られて事件はもっと拡がった。次は勝利があげたインスタグラム謝罪文専門こんにちは(さようなら)してください。勝利です。先に私と係った最近事件と論難で不快だったり心配をおかけしたすべての方々に心より頭を下げてお詫び致します。今度事件によって去る何日間耐えにくい悪夢同じ時間を過ごして何のお話をどこからどう差し上げなければならないかすごく混乱しました。事実関係の不明な内容が雪だるまのように大きくなる状況で、不器用な解明がむしろもっと大きい誤解を作ることができるという周辺の挽留と多い悩みで公式解明と謝りが遅くなった点本当に申し訳なく思います。今度論難の手始めになった暴行事件当時私は現場にあらなかったし、何日後ステップを通じてお客さんと職員の間に双方暴行事件があったし警察署から調査中という位に今度事件を初めて分かるようになりました。事業場の性格上争い及び是非が頻繁に起きるのに今度にも大きい問題なしに円満に解決されるように願う心でした。後にマスコミを通じて当時状況が盛られた映像を初めに見るようになり、私も大きい衝撃を受けました。どんな場合にも暴力は正当化されることができないし、今度一路傷を受けた被害者の方にはこの文を祈って心よりお詫びのこと申し上げて。一日も早く心身の傷が癒えてください。私が初めてクラブに関与するようになったきっかけは、ビッグバンの活動がしばらく中断されてソロ活動を始めるようになって、ソロ活動以外の時間を利用していつでも安心して音楽を振ることができる場所で、私がしてみたかったDJ 活動を並行したいという単純なマウムエソでした。ちょうど良いきっかけがあって広報を担当するクラブの社内取締役を引き受けるようになり、芸能人だから対外的にクラブを知らせる役目をダムダングヘッスブニダシルジルゾックなクラブの経営と運営は自らの役割ではなかったし、はじめから関与しなかったから今度事件もはじめから責任ある姿をお見せすることができなかった点深く反省して頭下げてお詫びさせていただきます。暴行事件に触発されたイシューが最近は麻薬や薬物関連マスコミ報道につながっています。この部分においては私がこれを直接見たり、聞いてみたこともなかったはずで捜査に積極協調して徹底的な調査を通じて真相究明とともに罪があったら厳重な処罰があったらと思う心です。当時社内取締役を引き受けていた私も責任を負うべき事があったらすべての責任を負います。今度仕事を経験しながら有名人の責任と態度に対してもう一度大きく悔やんで悟るようになりました。今度事によって心配おかけしたすべての方々にもう一度心よりお詫び致して、もっと成熟して思慮深い姿お見せするように努力します。勝利イ・スンヒョン賠償
ソース : [http://news.tf.co.kr/read/entertain/1744761.htm, 2019/02/03 12:05:55]