‘SKY キャッスル’ ヒェナで制服を脱いで

19YVarB_o

本当に惜しかった。学生イメージに閉じこめられて光を見られない感じだった。演技生活の大部分学生役を務めて自分ばかりの色を出す機会がなさそうだ。彼に制服はまるで ‘足かせみたいではなかっただろうか’という一人だけの気がした。しかし ‘SKY キャッスル’を見て考えが変わった。’制服着たヒェナで制服を脱ぐね’という漠然たる予感がした。デビュー15年目、俳優キム・ボラ(25)の話だ。31日ソウル麻浦区上岩洞編集局でJTBC グムトドラマ ‘SKY キャッスル’を終えたキム・ボラに会った。白色ブラウスに藍色ワンピースを着て現われた彼は劇の中でヒェナとは違って可愛らしかった。その間貧しいキャラクターをたくさん引き受けてそうか不慣れにも感じられた。するとキム補という “もう金持ちキャラクターちょっとやってみたい”と豪宕に笑った。ドラマでヒェナは痛いやもめ下で育ったアイーダ。不遇な家庭環境にも利口な頭一つで、金持ち子供達と競争する。大人たちもチムチョモックを位さるものではないヒェナは19年余り短い人生をアドングバドング暮して死を当たる。15年を延期したキム補というがこの人物を演技しやすくなかったんと言う気がした。”オーディション見る時はヒェナと隷書二つの役をすべて見ました。ところで漠然と ‘私がキャスティングされたらヒェナになるようだ’という考えをしたんです。ヒェナの不適な面が気に入ったりし、その間私が作品で引き受けたキャラクターと延長船上と思ったんですよ。それで楽に近付く自信がありました。”先立ってキム補というtvN ドラマ ‘ブアム洞復讐者’とKBS2 ドラマ ‘フアユ-学校2015’ などで事情ある高校生役を務めて演技を広げたことがある。それだけ彼にヒェナはあまり難しい人物ではなかった。”演技しながら大人たちを対する時と隷書を対する時、イェビンと宇宙を対する時言いぐさと行動を異にしました。母親逹に会う時は ‘持ったのはないが私も引けを感ずることない’と言う心で演技したんです。隷書には ‘私は大人たちの心を動かすほどすごさがあって。あなたは赤んぼうよ’という感情にしました。イェビンと宇宙に位は本当に10代少女のように真実に近付いたんです。”真摯な対話がつながるとキム・ボラからヒェナが感じられた。”今ヒェナとインタビューしているようだ”と言うと彼は “ヒェナに余韻がたくさん残る”と話を引き継いで行った。”以前には人物より現場自体に没入する場合が多かったです。そして自分よりは相手に抜ける場合が多かったが今度は本当に不思議に私にすっかりはまりました。それでヒェナをもうちょっとよく表現しなかったかと思います。まだおぼろげで悲しいですね。”劇の中でヒェナの死ぬ場面は多くの人々に衝撃を抱かれた。ゲストハウス難関から離れて涙一滴を流す場面は強烈だった。キム補という “涙を流すのはシナリオにはなかったようなのにPD様が編集をよくしてくださったようだ”と説明した。キム補という ‘学生専門俳優’という修飾語を持っている。作品で制服をあんまりたくさん着るからだ。もう25歳、20代中盤に入った彼も他の配役を引き受けてみたいようなの “どうなのか”と聞いた。”23歳の時初めて搖れたことがあります。’制服着る配役以外に、違うことちょっとしたい’という気がしたんです。自らたくさん焦ったようです。そうなのに2~3ヶ月ぶりに悟りました。制服を着ても着なくてももっと多様な子供達を向い合ってみたいんだって。それとともに制服を着ることに対する負担になることは消えてもっと楽しくなるんですよ。今も楽しもうと思っています。(笑い)” 似ているキャラクターに制服までどうしてほしいイメージで固められることができるという恐ろしいことはあったが肯定的な心で、多くの人物と向い合った。そうしてから ‘SKY キャッスル’のヒェナに会った。キム補という通常のキャラクターと ‘似ているの’という皆の予想を覆して、唐突だできなくてムソブギまでしたヒェナを作った。そんな彼を見たらもう制服着ることはないんと言う気がした。”PD様がドラマミーティングの時 ‘今度作品を通じてこれ以上制服着ないようにしてくれる’と言ったんですよ。私がたくさん変身したら良いとハショッヌンところ成功したようですね!(笑い)”彼は ‘SKY キャッスル’で俳優人生の転機に迎えた。俳優キム・ボラの存在感をまともに知らせることができるきっかけになったから言葉だ。彼に “‘SKY キャッスル’はどんな意味か”と聞いたら簡単な返事が帰って来た。”成長することができるように手伝ってくれた作品です。学ぶことをかばん中にいっぱい満たして卒業する気持ちですね。(笑い)”
ソース : [http://news.tf.co.kr/read/entertain/1744729.htm, 2019/02/03 00:00:03]