二十の歳少年の ‘SKY キャッスル’ 宇宙

8pGMgrB_o

キャラクターのためだったろうか。漠然とチァンフィは ‘SKY キャッスル’に出る宇宙と似ているんと言う気がした。はにかみも多くて、顔面も覆ってインタビューしやすくないという心配が先に立ったのが事実。しかし実際会ったチァンフィは予想を完全に脱した。いけずうずうしく話して、アゼギャグもしながら宇宙ではない ‘本当’ チァンフィの姿をあらわした。いきいきとした二十の歳少年チァンフィに会った。去る29日ソウル麻浦区上岩洞編集局でチァンフィに会った。今度インタビューは特別だった。インタビュー写真のために撮影しているのに通り過ぎる人々がチァンフィを調べて死因と写真を要請した。その間多いスターたちがにいらっしゃったが写真と写真を要請したのは今度が初めてあることだった。チァンフィに “人気を実感していますか?”と聞いたら “私以外に ‘SKY キャッスル’が人気多いのですよ”と言いながら恥ずかしいようにほほ笑みをした。チァンフィを見るやいなや浮び上がったイメージは ‘少年’だった。白い顔に赤い唇、ここに倭小な体つきを持っていて限りなく幼い少年みたいだった。しかしその中に何か分からない講壇と真っ直ぐな植え感じられた。チァンフィは ‘SKY キャッスル’で宇宙役を務めた。幼い時ママを失って彷徨をしている途中模範生になったキャラクターだ。ドラマで唯一に大きい音を高めない穏かな人物だ。実は演技経歴が多くないチァンフィに明らかな色ない宇宙は表現するもっと大変だったはず。チァンフィやっぱり “悩みが多かった”と言葉を言い出した。”宇宙が過去の痛みはあるがそれが正確に現われないからどう表現するか悩みが多かったです。監督様と頭スタイルから色まで細細しい部分まで神経をたくさん使ったようです。それとともに明るいが重い感じを与えようと思ったんです。ところで現場スタッフ粉餌とても暗く見えると言ってあの時から明るくしようと努力したようです。撮影する間 ‘こんな感じか?’しながら宇宙だけの色を作って行ったようです。難しいがおもしろかったです。”明るいが重い感じはチァンフィギのためよく生かすことができるという気がした。普通アクターにはよく捜してみることができない ‘事情ある顔’であるからだ。彼にこの話を言い出そう “すごく悔しいようだったんです?”と言いながら ‘セルフディス'(自らを誹謗するという意味)をした。”実はあのすごく悔しいようだ。’まろやかに生じた’ ‘苦しめたいようだった’ など話をたくさん聞きました。しかし私は悪くないです。これが私ばかりの特色になることができるんじゃないか。私に ‘濡れ衣専門俳優’という修飾語も付けてくださったが光栄で感謝します。何かの専門を付けてくださるというのがどんなに良いです。しかしあまり閉じこめられていないために努力しています。”‘SKY キャッスル’でチァンフィの存在感は劇の中でヒェや(キム・ボラの方)が死にながら極大化される。幼い時ママを失ったことも足りなくて自分の好きな友達が死として深い悲しみに抜けたのだ。同時にその人を殺した犯人に殺到しながら宇宙は複合的な感情に包まれる。易しくない延期であるだけにチァンフィはこの場面に対して悩みが多かったと言った。”宇宙がこんな痛みをまた経験しなければならないが悲しくて痛かったです。それで15回から19回までは口当たりもなくて眠りもたくさん寝る事ができなくて肉がたくさんやせたんです。宇宙が大変な位実際私もすごく大変だったんですよ。ここにディテールすることを与えるためにわざわざ唇を裂けるようにしました。唇に唾をずっと塗って乾燥するようにして唇あちこちが裂けたんです。チェ・ウォニョン先輩が ‘扮装にしても良いのに’といたずらにさせながらも誉めてくださったが、その時本当に胸がいっぱいだったようです。ハハ。”実際チァンフィは相変らず唇がましではなくて苦労していた。”2月にSF9 カムバックなのにどのようにするのか”と心配しよう “熱心にリップバーム塗りながら回復中”と返事した。そうしたらたちところにチァンフィは “いいえ。この位は基本です”と言って笑いを催した。演技に対する熱情が感じられた。チァンフィはベテラン俳優劣らず支えることなしに質問に答えた。短答が帰って来るつもりと言う(のは)心配は繕った。彼に “思ったんと非常に違う”とし “社会生活になるように上手のようだ”と言葉を言い出すと首をうなずきながら口をテッダ。”御宇あのいたずらではないです。イ・テラン先輩、チェ・ウォニョン先輩にも愛嬌もたくさん使って先輩たちのビタミンCになるために努力しました。SF9 兄さんたちといる時はいたずらも多くてざらざらしてつやがなかったりしたそんな末っ子ですよ。しかし家では上の子です。弟と6歳差があるが、それで特別な責任感があるようです。すべての人がそうだが家族たちとまたメンバーたちとドラマ現場で私の姿は少しずつ違うようです。”チァンフィは ‘SKY キャッスル’で多くの同じ年齢俳優たちと呼吸を合わせた。ドラマが終映したにもキム・ボラ、キム・ヘユン、ゾビョングギュ、キム・ドンヒなどと団体チャットルームを作って相変らず友情を引き続いていると言った。”実は私はカカオトークとSNSをよくしないです。どのようにするかもよく分からなくて。ところが (組)ビョングギュ兄さん(型)がたくさんちょっとしなさいと言うんですよ。どのインタビューで見たが誰かが ‘チァンフィが一番連絡しない’とヘッドですって。しかし心だけはいつも一緒にあるということを認めたらと思います。私の手がよってくれないのです。(笑い)”二十歳、盛んに携帯電話をはめて暮すことも足りないのに案外だった。それでは “普段何をして過ごすのか”と聞くと彼は “ユーチューブで映像をたくさん見る。ゲーム映像をたくさん見るようだ”と言った。その年齢らしい返事だった。’SKY キャッスル’で10代の終わりを閉めて、20代を開くようになったチァンフィ。大衆に彼の存在感を確かに知らせるきっかけになった。一年の間は ‘SKY キャッスル’と宇宙という名前が彼を付きまとうがもっと変わった、成長した姿も期待するようにする。”私が心配するのはどんな作品でも舞台の上ででも ‘宇宙がどうしてあそこある?’という言葉を聞くのです。それでは ‘ミスをしたな’という気がするようです。しかし新しい姿を見せてくれるのは私の分け前だから熱心に努力しようと思います。SF9としても俳優としても熱心にするチァンフィになります。”
ソース : [http://news.tf.co.kr/read/entertain/1744770.htm, 2019/02/04 00:00:05]