“フェングギョングマック動きまで研究”…’ペングバン’ の中ぴりっとする変身

qK3zorB_o

“一番(回)もしてみない役目なので初めてシナリオをもらった時から映画もキャラクターも皆ぴりっとしたんです(笑い).”‘俳優チョ・ジョンソク(39)’すれば通例浮び上がる延期トンがある。自然ながらも親しくて、ユーモラスながらもどこかジン・ジュンハン雰囲気がついている。彼が ‘チャイナタウン’ ハン・ジュンヒ監督の犯罪娯楽アクションジャンル新作 ‘ペングバン’に出演俳優たちの中一番先にキャスティングになり、犯罪の主役で活躍するという消息が聞こえた。果してどんな演技を広げたのか早くから知りたい事が高くなった。’ペングバン’は統制不能 ‘スピード狂’ 事業家鄭在哲(チョ・ジョンソクの方)を追うひき逃げ専担組 ‘ペングバン’の孤軍奮闘活躍を描いた映画で先月30日封切りした。チョ・ジョンソクは今度映画で韓国最初F1 レーサー出身事業家鄭在哲で悔しかった。映画の中鄭在哲は危険千万なレースを広げて捜査網を避けるために手段と方法を選り分けない。チョ・ジョンソクの演技変身に対する期待を抱いて映画を見た。その間見せてくれたことがない新しい魅力と延期に嬉しいほほ笑みが建てられた。キャラクターの強烈で悪辣な面貌を筋が立つように表現し出した。先月28日ソウル鍾路区三清洞某カフェでチョ・ジョンソクに会った。去年1月末、ドラマ ‘トカブス’ 終映インタビュー以後ぶっ通しで1年ぶりだ。皆2階で立てられたカフェの2階でインタビューが進行されたが、層階を登る中にこくりとあいさつを掛けるチョ・ジョンソクの顔が遠く見えた。今度映画での新しい延期も、ひとひさしぶりの顔もすべて嬉しかった。常に作品選択基準は ‘シナリオ’と言うチョ・ジョンソクだ。この日やはり彼は “シナリオがナンバーワンです”と言って作品選択理由を明らかにした。”俳優たちが作品を選択する基準がさまざまがあるが、私は私がこの作品をすれば見る方々がおもしろくてなさるかという思いを一番多くします。シナリオが本当におもしろかったです。そしてハン・ジュンヒ監督様の作品を一緒にやってみたい心もあり、キャラクターも新しくて良かったんです。””スケジュールを調整して協議してまで参加したい魅力がある作品だったです。うちの映画の魅力は通快だという点、よく鋪装された道路に行っているようなのにまた見たら未鋪装道路のような感じ、何かやすり紙できれいにしなければならないような荒い感じが魅力ではないかと思います(笑い).”今度鄭在哲キャラクターをどうヨングヘッウルジが一番知りたかった。暴力的な性格で刃が立った緊張感を誘発する鄭在哲はどもるという大きい特徴がある。スクリーンの中キャラクターをもうちょっと細細しく開けてみれば、息をすること、顔筋肉動き、身の挙動までも ‘浄財鉄火’されていることを見られる。研究と努力の跡がそっくりそのままついている。これに対する質問をしたらキャラクター分析、深い悩みの現われる話が零れ落ち出た。”鄭在哲は家庭都合が良くない環境で育った友達です。そうするうちに悪い方に拗くれたケースですよ。運転に対する才能がありました。いつも命をかけてレーシングをするキャラクターです。””どもる設定はシナリオに元々ありました。技術的な部分など多い研究が必要だったです。同窓の中にどもる友達がいてその人考えもたくさんしたんです、資料もたくさん見たんです。フェングギョングマックのウムジックが不安定で、空気の流れに問題があってどもるようになると言うんですよ。それでどもる鄭在哲はため息もたくさん休みます。ところで鄭在哲をヨンギハダボだからちょっと息苦しい心のため息のようでもありました。そのように接近と勉強しました。そしてこの技術を短いせりふ一つにどう設置をすることなのかに対する研究も必要だったんです。監督様と一緒に悩んだと必ず言いたいです。あのひとりしたのではなかったです。””新しいぴりっとすることがあった”と ‘ペングバン’ 所感を明らかにしたチョ・ジョンソクは “新しい変身をおもしろく見てくれたらと思う”と望むことをあらわした。ロマンス、コミック、スリラー、史劇などジャンル不問、ブラウン管、スクリーン、舞台を行き交って休む間なしに手まめに活躍するチョ・ジョンソクだ。今年ももう ‘ペングバン’が活動砲門を開き、去年撮影しておいた映画 ‘エックシト’とSBSで放送予定である新しいドラマ ‘緑豆花’でも大衆に会う用意を終えた。変身で新年の門を開いた彼が今年、そしてこれからどんな活躍で大衆の前に立つか期待が傾く。”これは確かです。私は今後ともずっとこんなに行きたいです。ある時は多くの方々が話す ‘チョ・ジョンソクらしい’, 私が上手のようなキャラクターも演技したくて、ある時は ‘チョ・ジョンソクがこれをすると?どうかな?’という気がするキャラクターも演技したいです。ずっとこんなにフィルモグラフィーを描いて行きたいです。常に新しいのが正解になることはできないが、新しいことを会った時ぴりっとすることがあるんですよ(笑い).”
ソース : [http://news.tf.co.kr/read/entertain/1744819.htm, 2019/02/05 08:00:03]