“退屈で退屈だ”…帰省・帰京の途に見れば良い映画BEST5

O9eDmrB_o

帰省・帰京の途、本当に退屈でしょう?バスや列車に乗って長くて長い時間を耐えなければならないからです。それで携帯電話やノート・パソコンにダウン受けて格好よい映画たちを選びました。近くは映画一本ならすぐ到着するだろうし、5~6時間のかかる所はたぶん2~3編は必要のようですね。それでもおもしろい映画とともにならその時間が短く感じられないでしょうか?読者皆さんも趣向に合わせて帰省・帰京の途、映画で楽しんでみてください。(最近封切り作順序)◆ ‘スイングキッズ’, 身も賑やか心も賑やか捕虜収容所とタップダンスの皮肉としか言いようがない組合。ここにアイドルグループエックソのト・ギョンスとパク・ヒェス、オ・ジョンセ、キム・ミンホ、ザレドグライムスが団結しました。’スイングキッズ’は ‘イカサマ師2’ ‘切ったら’ ‘スピードの出しすぎスキャンダル’を作ったカン・ヒョンチョル監督の作品でもあるが。完成度高い演出と楽しさと感動を取り揃えたことに比べて観客数は惜しかったです。147万だという比較的低い観客を動員したんです。実は封切りの前から好評を博した ‘スイングキッズ’のため成績が惜しいだけです。それでお勧めします。このまま幕を閉じるにはとても惜しくてですね。’スイングキッズ’は理念的に対立する人々の生にタップダンスを加味しました。タップダンスで私たち皆一つになる話を取り上げたんです。ここにコミック味付けを打ちながら楽しさと感動を皆取りました。特にタップダンスが出る場面なら ‘私も一度学んでみようか?’という気がするほどに、お辞儀で足を動かすようにします。身と心を興るようにする ‘スイングキッズ’を帰省・帰京の途映画でお勧めします。◆ ‘ボヘミアンラプソディー’, 私たち皆叫んでみなさい!”We will Rock You” 事実 ‘ボヘミアンラプソディー’を見なかった人探すのが大変のようです。それにもかかわらずお勧めする理由は一番(回)報告、二度見てもおもしろい音楽映画期のためです。ぎゅっと支えた高速道路でクイーンの歌を一緒に歌いながら行くこともおもしろくないでしょうか?’ボヘミアンラプソディー’は音楽の夢を育てたアウトサイダーで伝説のロックバンドクイーンを導くようになったフレディマーキュリー(ラミマルレック分), クイーンの音楽世界と舞台をいきいきとグリーン作品です。口コミに乗って逆走したこの映画は長年の期間映画館を占領したんです。去年10月に封切りして来る初まで観客を捕らえて ‘ボヘミアンシンドローム’を作り出しました。異例的です。さらにシングオロング映画館磁石も手に入りにくいほどに高い人気を呼びました。観客数はおおよそ1000万観客に近い992のみを記録したんです。フレディマーキュリーの数奇な生をのぞき見てクイーンが誕生させた音楽たちを鑑賞することも本当に良さそうですね。◆ ‘ソングナンファングソ’, ‘犯罪都市’ 引き継ぐマ・ドンソクの一バングソルジックヒ言って古臭いのにおもしろいです。’犯罪都市’を引き継ぐだけマ・ドンソクの力強い一部屋があるんですよ。去年11月に封切りしたこの映画は損益分岐点を突破しながら次第愛されました。もっとよくできると予想したが当時 ‘ボヘミアンラプソディー’ 熱風があんまり強くて光を見られなかったです。その点が惜しくてお勧めするようになりましたね。’ソングナンファングソ’は一度怒れば恐ろしくうって変わる銅鉄(マ・ドンソクの方)が妻指数(ソン・ジヒョの方)を求めるために突進するアクション娯楽映画ですよ。’犯罪都市’ 製作陣とマ・ドンソクがまた力を合した作品でお互いの長所をよく生かして作りました。この映画はマ・ドンソクが主演だがその便にある人物たちが本当におもしろいです。キム・ミンゼ、パク・ジファンなどが映画の大きい笑いポイントになりますよ。帰省・帰京の途退屈ではないようですね。お勧めします。◆ ‘リットルポレスト’, ママが調えてくれたご飯が懐かしければ多分この映画を見たらママが調えてくれるご飯が懐かしくないかと思います。’リットルポレスト’は試験、恋愛、就職。何をするがつぼにはまらない20台青春恵園(ギムテリ分)が故郷に降りてママがしてくれたレシピを思い浮かべて食べ物を作る話を盛り込んでいます。本当に穏かな映画だと言うが確かにヒーリングになるでしょう。戦って争って、刺激的な映画たち間でよくできた映画期もします。去年今頃頃封切りしたこの映画は150万観客を突破して2~30代達に多い愛を受けました。故郷へ行く途中、会社で受けたストレスを ‘リットルポレスト’で解いてみるのがどうだかわからないですね。◆ ‘ココ’, 家族の大事さを悟らせてくれるアニメーション ‘ココ’は老若男女皆が楽しむことができるミュージックアニメーションです。OST ‘Remember Me'(リメムボ米)もとても有名です。中毒性強いメロディーのため映画が終わった後にも自然に口ずさむようになります。’冬の王国’の ‘Let It Go'(レットイッ故)を作った作曲家がこの歌を作った事実が知られてもっと話題になったんです。’ココ’は彼の世と現世の境界を出入りする作品です。生と死を扱う位重みがあると予想されるがむしろ愉快に表現して楽しさを与えます。子供の純粋さと彼を心配する家族たちの愛が盛られた家族アニメーションだから大人、子供するまでもなく格好よいようですね。反転もあります。予想可能な反転ではあるが感情の絶頂をよく導き出すポイントになったりしますよ。家族たちと出会いを控えて ‘ココ’を見ることも良さそうです。
ソース : [http://news.tf.co.kr/read/entertain/1744818.htm, 2019/02/05 00:00:03]