血・汗・笑い…広報代行社一日経験記

nnKFurB_o

今日はソウル上岩洞ドペックト社屋を脱してシンサ洞に位置した広報代行社ワイツリーカンパ二ー(以下ワイツリー)で出勤する日です。午前10時出勤。フレームにめりこんだ ‘9 to 6’ではない、柔軟な通勤視覚に広報人たちの活動性とプロした職業意識はここから出るのかたくて何となく嘆声が出ます。ワイツリーはドラマ、芸能プログラムなど放送プログラムはもちろん芸能企画社アーティストたちの広報を代行する芸能専門広報代行社ですよ。現在ドラマ ‘町内弁護士チョたち号2:罪と着’ ‘最高のチキン’, 芸能番組 ‘私一人暮す’ ‘あなたの声が見えて6’, ‘ギャグコンサート’, ジョン・ジヒョンコ・ソヨンソ・ジヘスヒョンが属した企画社文化倉庫、キム・テヒハン・チェヨンソ・イングクイ・シオンが属した企画社非エスカンパ二ーなどの広報を引き受けています。並べた項目が多いようでしょう?しかし半島並べなかったのです。芸能関連広報仕事を担当すれば毎日愛情のこもった視線でドラマ、芸能プログラムを報告、スターたちも会ってとてもおもしろそうだという考えが漠然とするものと決まっています。今日の午前ソウルの粒子状物質濃度は ‘悪さ’ 水準、微小粒子状物質濃度は ‘非常に悪さ’ 水準ですね。空がぼやけていて空気は冷たいが、ソウルの最高繁華街の中ひとつの ‘並木路’ まん前に参席したワイツリエ出勤する足は飛ぶように軽いです。#1.ワイツリーカンパ二ー入城、業務の手始め事務室に立ち入ったら広報を担当したプログラムのポスターが壁に付いていることが目立ちます。何足跡立ち入ったらコンピューターの置かれた机が長めに位置しています。高いトンの笑い声と対話が事務室の雰囲気を活気に満ちるようにします。こちらがまさに皆が夢に描く職場そうでした。職員たちとあいさつを交わして “事務室が本当にきれいで雰囲気が本当に良いです。みんなとても素敵に見えます”という言葉をゴンネッスブニだ。職員たちは口をそろえて言って “果してそうであろうかです?記者様がプログラム製作発表会をアブドオッを時いらっしゃらなければならなかったが言葉です、ハハハ。一度経験してみてください”と言いながら明るい笑い後苦笑を仄めかしました。思いきりよさそうに見えるのに、彼らに果してどんな逆境があるのでしょうか。引き続き事務室構造とする仕事などの説明を聞いて決めた席に座りました。ワイツリーは毎週月曜日担当している (プログラム、企画社アーティストなど)プロジェクトの一週間スケジュールをチェックします。毎日午前10時30分、会議が進行されますよ。各プロジェクトの進行事項を点検して活動計画を樹立します。一プロジェクトが終わればこれをどう広報したのか企画案から記事報道現況まで具体的な事項を整理して記録で残しておきます。会議が始まる前、担当したプロジェクトの記事化現況をモニタリングします。作成した報道資料がどれだけ記事化になったのか、ポータルサイト芸能セクションのメイン画面にはどれだけ反映になったのか、プロジェクトと係わった新しい記事や単独記事が出たのがあるのか隅隅まで察します。私が今日の一緒にするようになったKBS2 ‘ギャグコンサート’は幸い(?)スロブゲも近況が静かですね。#2.朝会議”会議しましょう”(章OO 室長)”だね~”(職員一同)時計が午前10時30分を示して室長の会議手始めを知らせる声が聞こえました。会議室に立ち入って縦で長いテーブルの一コーナーにおとなしやかに座りました。会議資料を渡してもらいました。スケジュール表にいっぱいになった日程に口ががっしりしました。一プロジェクトの初めとあげく広報担当者があります。例えば一ドラマの広報を引き受けるようになったら、初放送の前進行する製作発表会準備から、各言論社に伝達する報道資料、出演俳優たち自体インタビュー、リアルタイムモニタリングなど大衆に素敵で美しく見えるための要素のための作業を広報担当者が皆遂行します。鮮やかな内容伝達のために撮影現場を直接探したりします。アーティストの広報を担当したら、彼の放送出演、ファンミーティングなどの日程を注視して、SNS(社会関係網サービス) 掲示物などにまで視線をおさめないです。放送界には ‘初放送の視聴率は広報が8割’という言葉があります。あれほど広報の寄与度が高くて、そうだから広報に死活をかけるしかないという話でしょう。初放送の前出演陣の魅力ポイントから製作陣の努力と製作意図などプログラムを一つ一つ暴いて最上の魅力ポイントを捜し出してこれを大衆に見えるように力をつくします。章OO 室長は “広報担当者が一番忙しい時期は製作発表会1~2主戦”と説明しました言論と大衆に顔見せをしてプログラムを紹介して関心を促す行事がまさに製作発表会ですよ。製作発表会の司会者メント、キューシート、構成などの準備も広報担当者の分け前です。プログラム側とマスコミの足役目をすることも広報担当者の株業務です。例えば、一プログラムに関した新しいイシューがある時広報担当者はこれに対するプログラムの立場(入場)を聞いて公式立場資料を配布したり、有無線上にマスコミに内容を代わりに伝達したりします。#3.報道資料作成お昼時間の前までは報道資料(マスコミにギサッゴリを提供するために情報を整理した文、写真などの資料)を作成します。芸能プログラムを例であげようとすると、報道資料作成はプログラム側から情報及び写真映像などコンテンツ受ける分析資料写真編集及び文作成内部会議及び上級者確認プログラム側に最終確認各言論社にメール発送手順に進行されます。一報道資料が誕生するまで普通約3時間位が必要となると言ったら、資料の一要素、一要素に広報担当者の ‘匠人精神 ‘がそっくりそのまま盛られたと言っても過言ではないでしょうか?男OO 代理は報道資料作成をして一番気を使う部分で ‘フレッシュな表現力’を指折りました。’おもしろい’という平凡な表現代わり、’笑いを伝達する’ ‘爆笑を誘発する’ など応用表現、進んで ‘ㅋを濫発するようにする’ などの前になかった愉快な表現まで。念を入れて作成した報道資料お陰にプログラムに対する期待と関心がもっと高くなることができるようですね。#4.お昼時間午後12時30分からは昼休みです。気候が寒いから上着を腹いっぱい取りそらえて入庫三三五五食堂に出ました。休む間ない朝業務を経験したら、頭の中はいちめん ‘ご飯’だけでした。食卓の前に座り、ほっと一息つこうとしていたところでした。頭を巡らして周りを見たら、やっぱり ‘プロ広報である’聞いた違いました。ワイツリー職員たちは食事が出るのを待ちながらも携帯電話を持って、担当しているプロジェクトの大衆反応と世論を察しました。インターネット記事のコメントも一つ一つき帳面に読んで見て広報の方向を整えました。#5.KBS2 ‘ギャグコンサート’ リハーサル現場踏査お昼食事後、草草と広報担当者男OO 代理とともにKBS2 ‘ギャグコンサート’ リハーサルと録画が進行される汝矣島KBS 新館公開ホールに向けました。リハーサル手始め時間は午後2時30分、手始めを控えている時点公開ホールの廊下に ‘ギャグコンサート’ 製作陣と出演コメディアンたちが忙しく行き交いました。製作陣、コメディアンたちと慣れるように、そして嬉しくあいさつする男OO 代理の横にぴったりと付いてもとのままにあいさつして公開ホールに立ち入りました。キューシートとシナリオを取りそらえて観客席に座ってリハーサル舞台を見守りました。観客席にはいちめん舞台を分析的に眺める放送社関係者たちあるいは私たちのような広報担当者だけでした。どう見れば雰囲気が厳粛に感じられたりしました。観客たちの大事な ‘拍掌大笑’がないことにもコメディアンたちは最善をつくしてコーナーを試演してせりふ、動線、小品などを点検しました。この日 ‘してみましょう’ コーナーにはグループ高耀太メンバーキム・ジョンミンがゲストに参加しました。スケジュール上リハーサルには参加することができずに、録画突入の前現場に到着したんです。7時録画を15分位控えている時点、広報担当者はキム・ジョンミンに会いました。出演きっかけ、所感などを聞いてこれをき帳面にメモしましたね。キム・ジョンミンと男OO 代理の対話内容は追後報道資料(上の写真)の内容で変身しました。録画は9時40分頃までつながりました。広報担当者の業務は録画が終わった後までつながりました。プログラムの効果的な広報のためには録画内容も、観客の反応も皆き帳面に察しなければならないからです。この日録画にはカン・ユミリュ・グンジパク・ソラなどが出演する新しいコーナー ‘屋台’も顔見せをしたんです。広報担当者は録画が終わった後 ‘屋台’ 主役を舞台後から会ってコーナー開始に対する所感と観客たちの爆発的な反応に関する話も交わしました。この内容も早いうちに記事化された内容を通じて会ってみることができないかと思いますね。#6.暴風みたいな一日、やりがいある夜気日課をまるでだから一日が忽ちすべて経ちました。’素敵に見える’と言う言葉に ‘果してそうであろうかです’という返事が帰って来た朝の状況が脳裏を、やりがいでいっぱいになった夜気が切なくボールをかすめます。ただ一日一緒にしたが ‘ギャグコンサート’が私の子のように感じられることはどうしておこりましょうか。思いきりよさそうに見えた広報業務、手ごわいというのを自ら感じました。しかし ‘素敵だ’と言う心には変わりがないです。’広報である’たちの骨折る努力と汗ばむ献身、悩みがあるからブラウン管の中明るい笑いがもっと輝くことができるということをはっきりと見て来たからです。
ソース : [http://news.tf.co.kr/read/entertain/1744858.htm, 2019/02/06 09:00:04]