これでパク・ボゴム、パク・ボゴムするね

zInkyrB_o

芸能部記者に暮して見れば周辺からスターと係わった質問をたくさん受けるようになる。”誰が一番きれいなの?””誰が一番性格良い?”などの ‘誰がどうか’類の質問から “OOOがそんなにハンサムだよ?””OOO すごくきれいなの?”などスターの後日談に関する質問まで多様だ。その中本当にたくさん聞いてみた質問がある。ところで “やパク・ボゴム本当に好きだが、インタビューしてみたの?”であった。とてもよく~生じた外貌、長めな背、きれいな心性に出ても出ても終りがなしに出る美談、キャラクターとぴったりと似合う抜群な演技力まで。すべて取り揃えたパク・ボゴム(26)だ。幾多のスターをインタビューした。ところで俳優パク・ボゴムを製作発表会などで取材をしたことはあってもインタビュー経験は全くなかった。それでその質問を受ける度に何となく妙な惜しい気がしたりした。千秋の恨みを晴らす機会が来た。先月24日ケーブルチャンネルtvN 水木ドラマ ‘彼氏’が終映し、パク・ボゴムの終映インタビュー日程が決められた。周辺の羨ましい視線を一身に受けた。友達がすまない心を示しても、どんなことで誰かが慰労を渡しても、急な逢変にあって悩み苦しんだ用事ができても “大丈夫なの!私来週にパク・ボゴムイントビュハだから、ウムハハ”と笑いながら越すことができた。二日間進行されるラウンドインタビュー。真率な作品の話に一度、日のように明るい笑いにもう一度、深い思いやり心にまたもう一度笑うようになったら彼とのインタビューが楽しいでしょうざるを得なかったようだ。先にインタビューを終わらせた記者たちが各々パク・ボゴム俳優といわゆる ‘自撮り’を取ってSNS(社会関係網サービス), 団体チャットルームなどにあげるのが流行のように広がった。’その流行に同参しよう’ 念をおして、いよいよ29日ソウル江南区鴨鴎亭路某所で彼に会った。八媒体とともにするラウンドインタビューだった。ラウンドインタビューの場合人員が多いからお互いに通姓名が詳らかにできなくてインタビューの始まる場合が数を知らぬ程多いことだ。名刺を渡してあいさつを交わしてインタビューを始めようとする刹那、パク・ボゴム俳優がある記者に向けて声を掛けた。”記者様はお名前は何と言いますか?記者様名刺をもらうことがしたようだ事ができないからです。”わ、この思いやり心。そうだね。これでパク・ボゴム、パク・ボゴムするようだった。ところでつとに驚きべきではなかった。パク・ボゴムは ‘彼氏’で善良で隣りに関心が高い自由で清い魂と同時に自由ではない生を暮して来た童話ホテル代表副元帥県(ソン・ヘギョの方)と運命みたいなロマンスを描いたキム・ジンヒョクで分解熱演を広げた。初現代劇主演と同時に、初大人カップル演技だった。パク・ボゴムはこの日インタビューで “ジンヒョックを模範としたい”と言う言葉を何回も言った。”ジンヒョックの設定が心に触れて今度ドラマに参加するようになりました。事毎に肯定的で、模範としたい点もあって。自分自身を愛することができて、物質が多くて少ないによった幸せではなく、どうなことが重要なことか ‘価値’が分かっている人物です。愛の前では率直に表現して、堂々で、進取的で。自分自身を愛することができたか南道愛すること知っているよ(笑い).””他人の話を傾聴して、人を愛する姿勢を模範としたいです。本当に大事なのが何かが分かるから出る自信感と堂々さがあるキャラクターです。”今度ドラマお陰に周辺人々、時間の大事さを深く悟るようになったというパク・ボゴムだ。またジンヒョックのようにもっと肯定的に考えて、自分をもっと大事に思わなくちゃいけないと言う考えをしたと言う。彼は “そのためか今インタビューする時間も貴重で、愛する人々との時間も重要なようだ。今年は私の時間を充実で貴重に使いたい。それで私の姿を作品で残したい心が大きい”と明らかにして今年の所望とこまごましい計画を告白した。”今年個人的な望むことは映画で私の姿を残したいです。そして私の一日日課、こまごましい日常を映像に記録して直接編集してユーチューブなど私ばかりのアカウントにあげて交流をしてみてもたくて。スキンスキューバ資格証も取得してみたくて、外国語勉強ももうちょっと片手間にたくさんすることができたらと思います。”こんなにや謙遜と塗った考えに限って所望さえ健全で進取的な青年だって。話を聞く間嬉しかった。ところで急に彼の風変りな面貌が知りたかった。ジンヒョックを模範としたいという彼に “ジンヒョックより私がもっとましだと思う長所があったらどんな点がありましょうか?”という皮肉な(?) 質問を投げた。彼は笑いながら大きく照れくさがったらしばらく深い悩みに陥り、たちところにトルマングトルマングした瞳をして本人の自慢を列べ始めた。やっぱり終りは謙遜な態度だったがね。”ジンヒョックイが私より多様なバイトをして経験が多いが、私がジンヒョックイより才能がちょっと多いです、ハハハ。音楽的な才能とか、踊りもそうで。(ファンミーティング準備のために) 踊りも二日ぶりに学ぶことができる人だ見るから、ハハハ。飲酒はしないが歌舞に上手いです。恥ずかしくて、照れくさいですね、ハハハ。今度ドラマでジンヒョックイがダンスをする場面を演技しながらパク・ボゴムとキム・ジンヒョクの境界があったんです。何か踊り実力があやふやに見えるように、ジンヒョックが踊り実力のようにあやふやなことを表現しようと努力したんです。ところでそれでも歌舞にすごくすぐれることでもないようです。好きなのであるだけです(笑い).”インタビューを仕上げながらお正月計画を聞くとパク・ボゴムは “アジアツアーを去る”と説明した。”ファンの条件ない愛と応援お陰に私がこの席にある。常に感謝する”と話した彼なので彼に幸せなお正月になることが明らかだった。パク・ボゴムは記者たちを向けて “家族たちと楽しいお正月送るように願う”と言った。そうしよう “お正月にも仕事をしなければならない” “当直だ” など歎息が出た。パク・ボゴムは目を回して “本当です?”と問い返した。そして “それでもその所で感じることができる幸せがあるんです”と慰めた。優にパク・ボゴムらしい慰労に現場が笑い海がされた。引き続きパク・ボゴムは返って真摯な顔をした。連れて “オフザレコード(記録を残さない非公式的な発言)です”と言って真率な要請を渡した。一人で聞き取り惜しい彼の話。記事に載せても良いという彼の許しを得て記事に盛ってみる。”私もこれから年を食べてみるから。.. 家族たちと過ごす時間が重要なようです。実は一緒にする時間が永遠ではないでしょう。幼い頃は早く大きくなりたくて早く年を取りたくて早く独身生活をしたいという子たちも多かったがですね。生まれる時は手順があっても死ぬ時は手順がないでしょう。本当にこのドラマを通じて時間と人々に対する大事さをもっと悟るようになったようです。”
ソース : [http://news.tf.co.kr/read/entertain/1744892.htm, 2019/02/07 00:00:02]