“まさかが本当になったな!”…’極限職業’ 2019 初千万 作

dlKHArB_o

まさかが本当になった。封切りの前から普通ではない反応を見せた映画 ‘極限職業'(監督イ・ビョンホン)が封切り15日ぶりに1000万観客を超えた。コメディー映画をもっては ‘7番(回)部屋のプレゼント’ 以後6年ぶりだ。’極限職業’は韓国映画では18番目、1000万映画に上がった。’極限職業’は封切りの前からおもしろいともう口コミが立った作品だ。しかしその誰もコメディー映画の1000万観客を予想することができなかった。封切り以後観客から愛されている ‘極限職業’は結局 “おもしろければザングテング”ということを見せてくれている。’極限職業’がこんなに観客を集めることができた件 ‘お正月特殊’も分け前をした。老若男女誰も楽しむことができる映画である位家族単位で映画館通りを尋ねるお正月連休特殊をずばり享受したのだ。ここに推しはかることができない展開方式と予想を脱するリアクション、イ・ビョンホン監督の専売特許である ‘足が強いせりふ’まで加わりながら観客の趣向をまともに狙い撃ちした。’極限職業’はコメディージャンルとしては珍しい興行だ。ここに速度まで早くていくらもっと多い観客が入るの知りたい事を集める。歴代1000万映画順位は1位 ‘ミョングリャング'(1761万名・2014), 2位 ‘新科一緒に-罪と着'(1441万名・2017), 3位 ‘国際市場'(1426万名・2014), 4位 ‘アバター'(1362万名・2009), 5位 ‘ベテラン'(1341万名・2015), 6位 ‘化け物'(1301万名・2006), 7位 ‘泥棒たち'(1298万名・2012), 8位’7番の部屋のプレゼント'(1281万名・2013), 9位 ‘暗殺'(1270万名・2015), 10位 ‘鉱害、王になった男'(1231万名・2012)), 11位 ‘王の男'(1230万名・2005), 12位 ‘新科一緒に-因果年間'(1227万名・2018), 13位 ‘タクシー運転手'(1218万名・2017), 14位 ‘ブラザーフッド'(1174万名・2004), 15位 ‘釜山行'(1156万名・2016), 16位 ‘海雲台'(1145万名・2009), 17位 ‘弁護人'(1137万名・2013), 18位’アベンジャーズ:インフィニティウォー'(1121人・2018)が上がった。7日映画振興委員会映画館入場券統合ネットワーク集計結果によれば去る6日一日の間113万1502人を動員、累積観客1052万9848人を記録した。’極限職業’がこれから歴代1000万映画何上をするかも関心が集中される。去年映画館通りは韓国映画の不振がつながりながら千万観客は捜してみることができなかった。しかし ‘極限職業’が新年から1000万観客を突破して今年韓国映画に良い機運を吹き入れている。
ソース : [http://news.tf.co.kr/read/entertain/1744901.htm, 2019/02/07 09:44:55]