広報チームが分かりたい?”私たちに聞いて!”

FhpkyrB_o

品物ではなくスターを広報すること。スターの特性をよく把握して、これをトレンドに当たるように大衆に知らせるのが主要任務だ。しかし単純に広報をすることに止まない。最近急激に数が増加した言論社に広報報道資料を配布することは勿論、SNS 広報、スターインタビュー進行を担当して、各作品モニタリング、マスコミ対応などしなければならないのが無数に多い。広報チームにプライベートは無意味だ。24時間365日戦争を経験しなければならないからだ。先月23日午後ソウル江南区sidusHQ 社屋で広報チームに会った。sidusHQに会った理由は、芸能事務所で広報チームが一番初めて立てられた企画社と同時に設立されてからもう20年が過ぎるベテラン会社期のためだ。現在属したスターはチャン・ヒョク、キム・ウビン、キム・ユジョン、チョ・ボア、オム・ギジュン、キム・ボラ、パク・ソンホ、ペク・ソンヒョン、キム・ハヌル、イ・ミスク、オ・グァンロク、イ・チェヨンなどおおよそ54人だ。増えた今年で広報10年茶人キム・ジヨン課長と6年茶人ゾフィユン代理に会って、広報チームのAからZまで彼らの話を聞いた。”俳優インタビューすることを見守ってばかりしてから、私どもがインタビューをしようとしたら震えて緊張されますね。”そのはずだ。スターたちのインタビューを進行して、横でこれを眺めた広報チームが直接イントビュイになったらぎこちないしか。基本的に広報チームのする業務が何か聞いた。キム・ジヨン課長は “基本的に報道資料と媒体、記者管理などをして。インタビュー進行と放送モニタリングなどをする”と説明した。芸能界は早い速度で急変する。トレンドに歩調をあわせなければならないし、大衆の興味を沸くための戦略も必要だ。キム課長は “最近にはプラットフォームが多くなってこれをよく活用しようと努力する”と言った。”10年前と違う点を申し上げると広報することができるプラットフォームが多くなりました。あれほど早く把握して、これを活用するように作らなければならないというところ困難があるが楽しさもあります。また私どもだけ分かる俳優たちの魅力を大衆にアッピールする数機会が多くなってその点が本当に良いです。使命感で働いています。”キム課長は広報チームの必須条件で “体力とセンス、礼儀”と言った。彼は “俳優たちの仕事が平日、週末を選り分けないでまた事件事故がいつ裂けるかも知れないから体力と精神力が良くなければならない”とし “人にたくさん会う位センスと礼儀も必要だ”と説明を添えた。広報チームの向い合う人々は無数に多い。所属スターたちは勿論、マネージャー、各放送社、媒体記者、他の所属社人々まで。人に対するストレスもおびただしい。ゾフィユン代理は “人をあまりにも多く会ってたまには調べる事ができない時もある”とし “申し訳ない。特に記者様たちは製作発表会、記者懇談会ではそれさえも大丈夫なのにセングトングマッは所で会えば頭が白紙になったりする”と打ち明けた。組課長代理は広報チームが持った職業病も明らかにした。彼は “どんなスターが大変が裂けた時、その所属社がどう対応して、処理するのかその過程を見守ってシミュレーションをしてみる”と説明した。引き継いで “携帯電話をいつも持っていなければならない職業なのでシャワーあびる時さえ入って入って行く”と言った。もしや急な事件・事故で連絡来る時を備えるためだ。また彼は “新人や新しいスターたちに会った時彼らの長所をどう活用して広報するかも頭の中に絵を描く”と説明した。sidusHQは20年前初めて芸能事務所では初めて広報チームが立てられた会社だ。早いマスコミ対応とスターマーケティングの必要性を感じて作ったのだ。sidusHQで抜けて作られた企画社だけでもおびただしい。それだけキム課長と組課長代理はこの会社で働く広報チームとして自負心も大きい。キム課長は “当会社は離職率が少ない。家族みたいな雰囲気なので雰囲気が和気あいあいする。移す場合は多くない”と言った。広報チーム職員になるためには “資格条件が何なのか”と聞いた。それとともに “芸能人のファンだと言えばよく抜かないじゃないか”と普段知りたかった点を聞いた。”誰のファンだと言って入社ができなくてそうではないです。そんな心を持った友達がセンスをもっとよく発揮する場合が多いから。ただ暮すことを満たすためののなら問題になります。たまに芸能人と近くなるために支援する人がいるが、そんな人は一緒に働きにくいのですよ。私どもはスペックよりも人自体をたくさん見る方です。正しい人性が重要じゃないでしょうか。”引き続き広報チームだけの苦情に対して聞いた。キム課長と組課長代理はずいぶん長い間悩む “平日夕方に友達が会う事ができないということとドラマを楽しさで見られないということ”と言った。もうすべての日常が滞貨されたようだった。”うちの俳優たちの出るドラマは絶対楽しさで見られないです。本当に大変な時はうちの俳優が出るのにつまらない時ですよ。ハハ。それでも愛着を持ってみようと思います。友達会う事ができないのは日常です。それで広報チームをするためにはこんな状況を受け入れることができる人がしなければならないようです。”こんなに時間もなくてプライベートもないのに、それにもかかわらず彼らが長い間の時間この職業をしている理由はなにか。”人を広報するのはとても控え目だがあれほど魅力があります。その方の一代記一部分に私どもが影響を及ぼすのじゃないか。それで責任感を感じて上手ではなくちゃいけないと言う考えを感じる時が多いです。良いことでも良くないことでも公式立場(入場)を書く時は単語一つ一つも控え目に使おうと思います。責任感をたくさん感じています。ヒムドン位おもしろかったりして。この分野は沼みたいで抜けることができないんですよ。(笑い)”
ソース : [http://news.tf.co.kr/read/entertain/1744893.htm, 2019/02/07 00:00:02]