‘本気が触れる’ イ・ドンウク♥ユ・インナ、はつらつと出発

CMKMArB_o

俳優イ・ドンウクユ・インナの新しいロマンチックコメディードラマ ‘本気が触れる’が愉快な出発をした。6日午後9時30分ケーブルチャンネルtvN 新しい水木ドラマ ‘本気が触れる'(シナリオイ・ミョンスクツェボリム・演出朴峻化)が初放送した。この日放送ではトップ俳優オ倫序(本名誤診心・ユ・インナの方)が完璧主義弁護士グォンゾングロック(イ・ドンウクの方) 秘書でオルウェイズローファームに偽装就職するようになる話が描かれた。ドラマはロマンチックコメディージャンルで、’お化け’で一回呼吸を合わせたイ・ドンウクとユ・インナの再会、’シックシャをしましょう’ ‘今度生は初めてだから’ ‘キム秘書がなぜだろう’ などを演出した朴峻化PDの新作という点で放送の前から知りたい事を催した。予測可能な展開、少しは幼稚な設定などで ‘そらぞらしい’と言う反応が出るが、’それでもおもしろい’という好評が多い。またユ・インナが演技する誤診心の溌剌として可愛らしい雰囲気とイ・ドンウクが悔しいグォンゾングロックの高慢ながらも冷たい魅力が一団となって開かれ、愉快なロマンスに対する期待感を精一杯高めた。オユンでは財閥3歳との麻薬スキャンダルで2年間活動を中断するようになった。そうするうちに偶然に見るようになったイ・セジン作家のシナリオの中弁護士キャラクターに魅かれ、作家を尋ねてドラマに出演したいという意志を仄めかした。しかしデビュー17年目にもいわゆる ‘発煙期’ 実力であるオユンではイ・セジン作家から ‘ローファーム現場実習’という提案を受けた。派手な衣装でローファームに入城したオ倫序、すなわち誤診心は基本業務も下手でする面貌で視聴者に笑いを与えた。グォンゾングロックの冷たい反応で悲しみを噴き出して、悔しい心で怒りを燃やしたりした。続いて自分に冷ややかな態度を見せるグォンゾングロックに誤診心は “もし女嫌やがりますか?”と言いながら言い放ったがグォンゾングロックは荒唐だという反応を見せて “あの女好きです。とても好きです”と言って誤診心に身近に近付いてときめくことを誘発した。’本気が触れる’ 初放送は平均4.7%(以下ニールセンコリア全国有料プラットフォーム家具基準), 最高6.0% 視聴率を記録した。前作 ‘彼氏’の終映視聴率は10.3%で半分も及ぶ事ができない成績だが、徐々に視聴者を魅かせて豪気ローン歩みを見せるか帰趨が注目される。
ソース : [http://news.tf.co.kr/read/entertain/1744904.htm, 2019/02/07 10:08:17]