キム・キトック監督 ‘人間、空間、時間…’ 日 ユバリヤングファゼ開幕作選定

KVaXHrB_o

キム・キトック監督の映画 ‘人間、空間、時間そして人間’が第29回ユバリ国際ファンタスティック映画祭開幕作に選定された。’人間、空間、時間そして人間’はキム・キトック監督の23番目長編映画だ。この映画は多様な年齢・職業群の人々が退役した軍艦に旅行する中未知の空間に至ると生存のために事件を起こす話だ。俳優チャン・グンソク、アン・ソンギ、イ・ソンジェ、リュ・スンボン、日本俳優オ茶器里組と藤井米やなどが出演した。この作品は去年第68回ベルリン国際映画祭のパノラマスペシャル (Panorama Special) 部門に公式の招請されたりした。去年3月MBC ‘PD手帳’を通じてキム監督のセックススキャンダル疑惑がはみでながら ‘人間、空間、時間そして人間’ 封切りが無産された。以後キム監督は自分のセックススキャンダル疑惑を提起した女俳優を誣告疑いで告訴したが検察は先月2日女俳優と ‘PD手帳’ 製作陣に無嫌疑処分を下した。ゆうばり国際ファンタスティック映画祭は来る3月7日から10日まで日本北海道で開かれる。
ソース : [http://news.tf.co.kr/read/entertain/1745040.htm, 2019/02/08 15:33:05]