‘極限職業’ 取る2月封切り作は?

NhrWGrB_o

映画 ‘極限職業'(監督イ・ビョンホン)が2019年初1000万観客映画で上がりながら映画館通りに登板する次の映画たちに対する関心が集まっている。去年韓国映画の不振な成績を洗い出して良い機運が予想される中に2月封切り予定作たちをよく見た。◆ ‘証人’, チョン・ウソンXキム・ヒャンギ “あなたは良い人ですか?”観客に重たい質問を投げる映画、しかしその中にこまごましい笑いが盛られたおもしろい作品一つが2月映画館通りを尋ねる。まさに政友性キム・ヒャンギ主演の ‘証人’だ。この作品は有力な殺人容疑者の無罪を立証しなければならない弁護士スンホ(チョン・ウソン分)が事件現場の唯一の目撃者であるザピェ少女知遇(キム・ヒャンギの方)に会いながら起る話を盛り込んだ。素材さえ見たら重いと見られる。法廷物と殺人事件、ここにザピェスペクトラムを持った子供の話を取り上げただけこの作品で楽しさを探しやすくないようだ。しかし先月マスコミ配給試写会で公開された ‘証人’は案外の楽しさがあって反転を抱かれた。チョン・ウソンのお父さんギルゼ駅に出る俳優パク・グンヒョンの演技変身がおもしろい。その間厳格で謹厳なお父さんの姿で視聴者とよく会った彼が無茶ながらも人良いお父さんに変身して笑いを抱かれる。また素人検事フィズング役に出演するイ・ギュヒョンとチョン・ウソンの ‘セーミ’も見物だ。二人は対立するよりは一緒に進むという感じが強い。この作品ではそうだと言う悪役が登場しないから引き上げしかめることもない。刺激的ではないながらもこまごましい笑いを与える映画 ‘証人’は来る13日封切りする。◆ ‘サバハ’, ‘黒い師弟たち’ チャン・ゼヒョン監督新作駆魔師弟というちょっと疎い素材を国内作品に取り入れたチャン・ゼヒョン監督が新作 ‘サバハ’で観客と会う。’サバハ’は新興宗教集団を追ったパク牧師(イ・ジョンジェの方)が疑問の人物と事件を向い合うようになりながら始めるミステリースリラーだ。俳優イ・ジョンジェが久しぶりに現代劇に帰って来た作品でもあって多い異意関心を受けている。先立って ‘黒い師弟たち’が観客に大きい衝撃を与えただけ ‘サバハ’に対する期待も高い。観客の好奇心を刺激する新興宗教集団と超自然的な現象、ここに絡んだミステリーした人物たちの話であるだけに封切りの前から関心が集まっている。出演俳優たちも坦坦だ。イ・ジョンジェを含めてパク・ジョンミン、イ・ジェイン、ジョン・ジンヨン、ジン・ソンギュ、イダウィッドなどが熱演を広げて作品の没入島を高める。特に新人イ・ジェインが ‘ゴムウンサゼドル’で掘り出したパク小胆のように忠武路の新しい宝石になるかも期待を集める。来る20日封切り。◆ ‘抗拒:柳寛順話’, コ・アソンが描く柳寛順3.1 万歳運動100周年を記念するために映画 ‘抗拒:柳寛順話’が観客を探す。この映画は1919年3.1万歳運動後世評もならない西大門監獄8号室の中、魂だけは誰より自由だった柳寛順と8号室女性たちの1年の話を取り上げた作品だ。ここで俳優コ・アソンが柳寛順を表現した。’抗拒:柳寛順話’は十七少女柳寛順の生を集中照明して、3.1 万歳運動以後の話まで取り上げられる予定だ。特に560万観客を動員した ‘ドックヒェオングズ’ 製作陣の作品だから完成度に対する期待が高い。今度作品にはちょっと見知らない俳優たちがたくさん出演する。俳優キム・セビョク、キム・イェウン、ゾングハダムなどが個性いる演技を広げて観客に確かめる予定だ。来る27日封切りする。
ソース : [http://news.tf.co.kr/read/entertain/1745013.htm, 2019/02/08 11:22:48]