水木ドラマ薫風…テレビ劇場にも ‘笑い花’

nQ84GrB_o

‘ボールドラマがない’とすねた口ぶりがつながった最近、水木ドラマに薫風が吹いている。’皇后の品格’ ‘どうしたの風霜さん’ ‘本気が触れる’ など多数ドラマがテレビ劇場に活力を与える。水木ドラマの中視聴率10%台を上回るドラマが多くの人同時に出る嬉しい最近だ。8日視聴率調査会社ニールセンコリアによれば前日放送されたSBS ‘皇后の品格’は14.5%(以下全国基準), KBS2 ‘どうしたの風霜さん’は12.7% 自体最高視聴率を記録した。MBC ‘春が来るが春’は惜しくも2.0% 視聴率にとどまった。地上波と集計基準は違うが、先月24日終映したケーブルチャンネルtvN ‘彼氏’は自体最高10.3%(以下ニールセンコリア・全国・有料プラットフォーム家具基準), 最終回8.7% 視聴率を現わした。6日初放送した後続 ‘本気が触れる’ また1回4.7%, 2回4.6%を記録して巡航中だ。最近まことにドラマ飢饉だった。去年には地上波ミニシリーズの中視聴率10%を越える作品は日照りに豆出るように出て、年末授賞式を控えてドラマ係を含めた放送界にはため息が出た。これは視聴者にも影響を及ぼしてドラマ選択、香油幅が細くなるしかなかった。このなかに水木ドラマの再起は嬉しい消息に違いない。これは視聴者の笑いでもつながる。退勤後必ずミニシリーズを取りそらえてみるという30代女性ソン某さんは “本当に見るドラマがなかったが最近水、木曜日に見物なドラマたちが出て良い。今後とも面白いドラマたちがたくさんちょっと出たら良いだろう”と言う風をあらわした。SBS ‘ビッグイシュー’ ‘倍加ボンド’, KBS2 ‘ドクタープリズノ’, MBC ‘もっとバンカー’, tvN ‘彼女のプライベート’ など多数水木ドラマが上半期放送を控えている。薫風の勢いを抱いた水木ドラマが奥座敷はもちろんドラマ係にたっぷり笑いをプレゼントするか期待が傾く。
ソース : [http://news.tf.co.kr/read/entertain/1745010.htm, 2019/02/08 11:58:07]