2ラウンド手始めD-DAY…’マックヤングエ17′, 観戦ポイント三つ

RNBcIrB_o

国内最長寿シーズン制ドラマ ‘無作法な令嬢さん’が17番目話の砲門を開く。ケーブルチャンネルtvN 新しい金曜ドラマ ‘無作法な令嬢さん17′(シナリオハン・ソルヒ・ペク・ジヒョン・ホン・ボヒ、演出ハン商才、以下 ‘マックヤングエ17’) 製作陣は8日、この日午後11時初放送を控えて観戦ポイントを公開した。今度シーズンは ‘ママ令嬢シーズン1’というニックネームが生じた。長年の時間視聴者たちを泣かしてウッリン令嬢(キム・ヒョンスクの方)が ‘ママ’に帰って来て人生2ラウンドを始める。オールドミス時代を経って結婚に成功した令嬢が ‘ウォキングマム’に帰って来て広げる ‘ユックアファルトグック’に期待が傾く。◆ ‘マックヤングエ17’, 第2の跳躍去る2007年顔見せをした ‘マックヤングエ’はおおよそ305編(シーズン16基準)のエピソードとともに12年の間たゆまぬ愛を受けて来た国内最長寿シーズン制ドラマだ。大韓民国オールドミスを代表するようなキャラクターイ・ヨンエ(キム・ヒョンスクの方)を中心に開かれる会社員の孤軍奮闘を現実的に盛り出して視聴者たちから愛された。現実的な共感を土台にしたフレッシュなユーモア、笑いを作り出した俳優たちの熱演はシーズンを繰り返えすほどもっと堅固になって ‘マックヤングエ’というブランドを構築した。今度17番目シーズンでは ‘マックヤングエ’が ‘マムヤングエ’に帰って来る。’マックヤングエ’ 演出を引き受けて来たハン商才PDは “私はシーズンを終りに初期企画意図だったオールドミスの仕事と愛という主題は幕が降りた。今度シーズンはママになった令嬢さんの波乱万丈したユックアファルトグックとオフィスストーリーが中心になる予定”と言いながら “第2の跳躍が期待される意味深いシーズンになること”と意味を察してみて期待を高めた。◆ ‘ウォキングマム’ 令嬢、ほてたユックアファルトグック広げる’マックヤングエ’は現実を反映したストーリーで大きい愛を受けて来た。悽絶な片思いから風偉いない恋愛、ばさばさしているオールドミスの日常、職場での左衝右突まで、12年の間大韓民国代表オールドミス令嬢の成長史を見守りながら泣いて笑った視聴者たちは平凡だがいつも堂々な令嬢に共感し、応援を惜しまなかった。ばさばさしている現実と世の中の偏見に対立して通快な笑いを抱かれた令嬢の人生2ラウンドが始まる。ここにあきれる愛師で歴代級タルバボで生まれかわるスングズン、知りたい事を高めて来た密蜂異意登場も楽しさポイントになる見込みだ。逞しい令嬢を似ていて暴風発育を誇る密蜂が、ホンイの ‘国民甥’ 登極を期待するようにする。何より紆余曲折あげく楽園社に復帰した ‘ウォキングマム’ 令嬢の波乱万丈オフィスライフもおもしろく開かれるでしょう。’オフィスママ’を宣言した令嬢と ‘ラテパパ’を自ら要望したスングズンの成長期、楽園社に登場した新しい社長と相変らず風偉いない楽園社家族たちが広げる話に知りたい事が増幅される。◆ 完璧な組合、新メンバーとのシナジー ‘期待↑’10年が過ぎる歳月呼吸を合わせて来た俳優たちのチームワークは ‘マックヤングエ’ 人気秘訣の中一つだ。常に通快な楽しさを与えるキム・ヒョンスクが見せてくれる ‘マムヤングエ’としての活躍、’愛師’ スングズンのユックアファルトグックが予告される。いつも心強い力になる令嬢の家族お父さん(ソン・ミンヒョンの方), お母さん(キム・ジョンハの方), キム・ヒョクギュ(コ・セウォンの方), イ・ヨンチェ(チョン・ダヘの方) も変わらない魅力で帰って来る。”入れて置いて!入れて置いて!”を叫びながら毎シーズン熱い人気を牽引したラブザング(ラミと言う(のは)分)を含めて、ユン次長(ユン・ソヒョンの方), ジョン課長(チョン・ジスンの方)は相変らずうるさくて風偉いない楽園社を導いて行く。スングズンのいとこ弟(妹)でありながら大人ウェブトゥーン作家で分解去るシーズン笑い爆弾を投下したリ・キュハンはいっそうアップグレードされたコミック演技で笑い製造に出る。新しいエネルギーを吹き入れるメンバーたちも期待を増幅する。真摯な面貌とコミックな魅力を行き交う演技変身を予告したチョン・ボソクはなんでも早くすると気が済む性格急な楽園社新しい社長で扮する。楽園社実勢ラブザングさえ思いのままに翻弄する新入経理スアで悔しいパク・スア(リッジ)も期待を集める。また新人演題型はギュハンの慈悲ないアシスタント梯形で分解リ・キュハンと一味違う ‘屋上部屋ブロメンス’を見せてくれる見込みだ。
ソース : [http://news.tf.co.kr/read/entertain/1745056.htm, 2019/02/08 16:30:22]