“手が中方へ”…男 子供突然湿生vs所属社代表、セクハラ真実攻防

yfUvOrB_o

男アイドル研修生の所属社代表からセクハラをダングヘッヌン主張が放送で扱われながら視線を集めている。8日KBS2 芸能情報プログラム ‘演芸街中継’では ‘男アイドル研修生セクハラ真実攻防’が電波に乗った。この日放送でA さんは “(所属社代表が) 公演が終わって刺身屋で私どもの太ももを触るなどタッチをひどくした。また手が中方へ入って来たら主要部位まで手が入って来た”と主張した。また他の研修生B さんは “(所属社代表が) ‘どうこいつらはおつまみも中取りそらえてくれるのか’と言った”と言った。自分たちは男性ホステスのように思いながら行動するようにしたというのだ。しかし所属社関係者はこれを降下なの否認して “事実ではない。写真と映像を見た方々は分かるが刺身屋でセクハラをあったら確かに目撃された大きさの店”と言いながら “目撃者がいない。これは男アイドル研修生たちの一方的な主張”と線を引いた。また “娘と甥が見る前で主要部位を触ったということが話になるか。根拠がない”と付け加えた。男アイドル研修生6人は先月18日、去年9月日本限り刺身屋でセクハラをあったと所属社代表と彼の弟(妹)を性暴行処罰に関する特例法違反でソウル中央地方検察庁に訴状を受け付けた。この研修生の中には ‘プロデュース101 シーズン2’ 出身研修生、未成年者研修生なども含まれたと知られた。
ソース : [http://news.tf.co.kr/read/entertain/1745115.htm, 2019/02/09 18:25:48]