ソン・ジュングン、7歳の頃兄さん失って…家族とアメリカに移民行った痛い事情

yMj1TrB_o

コメディアンソン・ジュングンがアメリカで移民を去った過去の痛みを打ち明けた。10日再放送されたKBS1 芸能番組 ‘TVは愛を積んで’ではソン・ジュングンの話が電波に乗った。ソン・ジュングンはこの日中学校同窓である友達を探そうと放送に出演したと明らかにした。彼は友達を探す理由に対して “私がウェドング息子だと分かっている人の多いのに事実は兄さん(型)がいた”と難しく口を割った。引き継いで “不意の事故で兄さん(型)を去って送らなければならなかった。その時期にお母さんがとても苦しがった”とし “(そんな理由で) 移民を行ってからお母さんと私だけまた韓国に帰って来るようになった”と言った。小さい頃ソン・ジュングンは家族たちと一緒に谷に遊びに行った。二歳の偉人9歳兄さん(型)と遊びながら楽しい時間を過ごしたが、兄さん(型)は苔を踏んで滑って水におぼれて結局心臓まひで世を去った。ソン・ジュングンは “兄さん(型)を失った後お母さんの関心と愛が執着のように感じられた。その時期に息の根を開けることができるようにしてくれた友達がまさにその人だった”と付け加えた。’TVは愛を積んで’は毎週金曜日午後7時40分放送される。
ソース : [http://news.tf.co.kr/read/entertain/1745148.htm, 2019/02/10 17:03:43]