‘ボックミョンがワング’, アイドルボーカルの ‘怨念解消舞台’

hguEUrB_o

アイドル特集に進行された ‘ボックミョンがワング’はその間自分の実力を思いきり見せてくれることができなかったアイドルメンバーたちの ‘たいてい’をまともに晴らすことができる舞台だった。案外の実力を持った人々が相次いで評価団を驚かした。10日午後放送されたMBC アイドル特集 ‘ボックミョンがワング’では2ラウンドに進出したアイドル覆面歌手の話が電波に乗った。初対決は3倍若旦那と都市鵲のデュエット舞台だった。二人はクイーン(Queen)の ‘Don’t Stop Me Now’を選曲した。デュエット対決結果は3倍若旦那の勝利だった。ソロ対決は3倍若旦那歌で始まった。3倍若旦那はYBの ‘ハッカ飴’を歌ってがっちりしている歌唱力を威張った。都市鵲はアリの ‘365日’を選曲した。都市鵲は平気なボイスで芸能人判定団の感性を掘り下げた。3倍若旦那は2ラウンドに進出した。都市鵲の正体はオンエンオプヒョジンだった。2ラウンド一番目対決はパヴァロッティとベルが飾った。パヴァロッティはユン・ジョンシンの ‘良いから’を選曲してベルはシーエンブルーの ‘直感’を選択してお互いに違う魅力を威張った。対決結果はパヴァロッティの勝利。パヴァロッティは3ラウンドに進出した。やがて明らかになったベルの正体はウィキミキのリーダージ・スヨンだった。ジ・スヨンは “デュエット曲で点数が車も最後の舞台と思ってソロ舞台をしたが逆戦されてとてもぴりっとした”と出演所感を明らかにした。また10秒PRを通じて “ウィキミキは大成するグループだ。私を信じてイブドックしてくれ。愛する”とチームに対する愛情をあらわした。2ラウンド二番目対決はクリムトと3倍若旦那の舞台。クリムトはミュージカル ‘ウィケッド’ OSTの ‘重力を脱して’を選曲して3倍若旦那はヒョックオの ‘TOMBOY’を選曲して先立って舞台と違う姿を見せた。対決結果はクリムトの勝利だった。クリムトは3ラウンドに進出した。敗れた3倍若旦那はペンタゴンの猿護だった。ペンタゴン猿護は “お婆さんが運ぶTVで見たがるのにアイドルグループだから、そんな機会がなかった。こんなに単独で舞台に立つことができる機会は初めてだ”とし “最近痛いお婆さんがこの放送を見て元気を出したら良いだろう”と言って人々の大きい拍手を浴びた。アイドル特集 ‘ボックミョンがワング’は来週3ラウンド対決につながる。
ソース : [http://news.tf.co.kr/read/entertain/1745152.htm, 2019/02/10 19:36:05]