最初放送 ‘トラップ’, 手始めから熱い理由

f6HuSrB_o

OCN ドラミティックシネマ ‘トラップ'(演出パク・シヌ、シナリオナム・サンウク)が9日午後初放送された中に俳優イ・ソジンとソン・ドンイルのがっちりしている演技力、チォンチォンしたストーリーに向けた視聴者たちの好評が並んでいる。初放送 ‘狩人たち’ 便では妻と息子を忘れてしまって人間狩りのわなにかかったカン・ウヒョン(イ・ソジンの方)の話が電波に乗った。話ははじめから緊張感があふれた。カン・ウヒョンが燃えている建物で妻と子供を求めて建物をすり抜けて来た後 “私たちは狩りにあった”と言ったからだ。カン・ウヒョンは負傷がひどかった。対話をまともにできなくてノート・パソコンで意思疎通をしなければならなかった。彼はその渦中にも事故当時状況を述べようと労力した。カン・ウヒョンは負傷の前 ‘国民アンカー’という全国民の信頼を得ていた人物で、ここに美しい妻と可愛い息子まですべてのものをすべて持った男だった。そんな彼が結婚記念日を迎えて家族旅行を去って暴雨が下ると疑問の山荘に入るようになる。山荘主人であるマスターユン(劉慶浩の方)は彼らを親切に迎えてテーブルに座っていた砂嚢師(ソングヒョック分)らがまもなく席をはずす。しかしどの瞬間息子彊屍優が消える。これを見抜いたカン・ウヒョンとシン・ヨンスは息子を探して出るが、妻シン・ヨンスまで失踪されてしまう。また山荘に帰ったカン・ウヒョンが山荘主人にどやしつけてみるが、なろうと暴行にあって “人間狩りを始める”と言う衝撃的な言葉を聞く。マスター磨きはカン・ウヒョンに息子と妻がいる所の地図を与えて “日もう一度怒るようにすれば息子首っ玉がいじめであるだろう。二人中一人を求めに行きなさい”と言って、カン・ウヒョンがけがをした足をつかまえて去ると他の狩人たちに “(カン・ウヒョンが) 今出発した”と知らせた。カン・ウヒョンは先に息子に向かった。このような事実を陳述ともっと不安増税のひどくなったカン・ウヒョンはこの日結局建物で墜落してしまった。そしてその事件の捜査を鼓動国(ソン・ドンイルの方)が引き受けるようになって初回から息忙しい展開を見せた。暴風みたいな展開とがっちりしているストーリー構成で熱い反応を得ている ‘トラップ’の次話に視聴者の目と耳が集中されている。
ソース : [http://news.tf.co.kr/read/entertain/1745134.htm, 2019/02/10 10:48:42]