“ひさしぶり、またひさしぶり。..”チュ・ジフンXジン・セヨン、’アイテム’でテレビ劇場魅入ろうか(総合)

iSnLZrB_o

“ひとひさしぶりのテレビ劇場復帰作 ‘アイテム’ です。”11日午後2時ソウル市麻浦区上岩洞MBC 新社屋でMBC 新しい月火ミニシリーズ ‘アイテム'(シナリオ征夷も・演出キム・ソンウック) 製作発表会が開かれた。この日製作発表会には演出を引き受けたキム・ソンウックPDと俳優チュ・ジフン、ジン・セヨン、キム・ガンウ、キム・ユリ、パク・ウォンサン、オ・スンフンが参加して作品に関して話を交わした。’アイテム’はチュ・ジフンが4年ぶりにテレビ劇場に帰って来る復帰作と同時に、ジン・セヨンが4年ぶりに挑戦する現代劇ドラマだ。大事な人を切実に守るために特別な超能力を持った品物を取り囲んだ陰謀と秘密を暴いて行く検事強権(チュ・ジフンの方)とプロファイラーシン・ソヨン(ジン・セヨンの方)の話を盛り込んだミステリー追跡ファンタジー。先立って去年封切りして120万人が超える観客数を記録した ‘新科一緒に- 因果年間'(監督キム・ヨンファ)に出演したことがあるチュ・ジフンはテレビ劇場復帰作で ‘アイテム’を選択してドラマ放映の前から耳目をひいたことがある。ここにチュ・ジフンは ‘アイテム’ 出演理由で “作品スケールよりは人住む話にひかれて選択した”と明らかにした。引き続きチュ・ジフンは “初めにシナリオを読んだ時はこの位規模の話がTV ドラマでいくら具現されるか知りたかったが、監督様とミーティングをした後にはその規模より、各人物が持っている各自の話にもっとひかれるようになった”とし “VFX(Visual Effects) 効果も多くて見どころも多いが、結局それらは ‘サイドディッシュ’であるだけで主な話は人住む話だ”と言った。’ひさしぶり’という修飾語をつけて帰って来たのはチュ・ジフンだけではない。先立ってMBC ドラマ ‘獄中化'(2016)とTV 朝鮮ドラマ ‘大軍-愛を描く’ など史劇物で演技力を認められたことがあるジン・セヨンは “‘アイテム’は4年ぶりに撮影する現代劇だ”とし “撮影する時自分も分からなく史劇トンが出るところでぎこちないことがあった”とずるいふざけた言い方を落とした。か細い姿とは違い無惨な犯罪現場でも目一つまばたかない冷情な判断力とすぐれた能力を取り揃えたソウル地方警察庁広域捜査隊のプロファイラーシン・ソヨンで扮するジン・セヨン。プロファイラーはその間多いドラマと映画で扱った職業だから、ジン・セヨンは差別性で “その間のプロファイラーキャラクターが典型的に冷たくて冷徹な姿を見せたら小霊異は人間的な人物だ”と言いながら “過去に経験した痛みも隠していてなによりも相手の感情に共感が上手なあかしてリックトだ”と説明した。2012年SBS ドラマ ‘五本指’ 以後約7年ぶりに再び同じな作品で演技呼吸を合わせるチュ・ジフンとジン・セヨンが主演を務めた ‘アイテム’.二人外にもキム・ガンウとイ・ユリも強烈な熱演を予告して初放送を向けた期待感を高めた。劇の中で次世代若い企業人と同時に絶対悪ソシオパスゾセファングで扮するキム・ガンウは “はじめから人物説明につけておいて ‘ソシオパス’と描写されていて ‘よくしてみたところで元だね’ たくて負担になった”と口を割った。引き続きキム・ガンウは “しかしその間多い映画とドラマでソシオパスという素材を使って来たと、必ず差別化されたソシオパス人物を演技しなくちゃいけないと言う負担を無くすことにした”とし “典型的な延期も典型的なそれそれなりに良さそうだ。印象的なソシオパスを演技する”と駄目押しを映った。イ・ユリも “その間冷たい都市的な女性キャラクターをたくさん引き受けたから ‘アイテム’で引き受けたハン・ユナもそんな人物だったら一緒にしなかっただろう”と言いながら “暖かい剃りあって人間的な剃り感じる事は女性だ”と説明した。超能力を持った ‘アイテム’というそらぞらしいことがある素材。この素材を持ってメガホンを取ったキム・ソンウックPDは最後に “それぞれの人物たちが持った事情と心が合わせて話の変曲点を作るドラマ”と言いながら “CGだけ持って16個の話を作る自信はいない。視聴者たちに私たちがしようとすることを伝達して共感するようにしたい”と所信を仄めかした。’アイテム’は今日(11日) 午後10時初めて放送する。
ソース : [http://news.tf.co.kr/read/entertain/1745257.htm, 2019/02/11 16:38:30]