コメディ映画の新しい記録を書く

CTTiYrB_o

“今までこんな映画はなかった!”‘極限職業'(監督イ・ビョンホン)がコメディー映画の新しい記録を書いて下がっている。映画 ‘7番の部屋のプレゼント’を追い抜いて歴代コメディー映画興行1位を記録、封切り19日ぶりに興行順位8位に上がった。初盤から普通ではない兆しを見せた ‘極限職業’はB級コメディー映画も1000万映画隊列に合流することができるという可能性を立証した。11日映画振興委員会映画館入場券統合ネットワーク集計結果によれば ‘極限職業’は去る週末(8日~10日)まで観客184万5760人を動員した。累積観客は1283万5926人で、1000万観客を超えてから4日ぶりに約283万人をもっと集めた。コメディー興行作である ‘7番の部屋のプレゼント'(1281万1206人)を追い抜いたことは勿論 ‘タクシー運転手’ ‘神さまと一緒に-因果年間’ ‘王の男’ ‘鉱害、王になった男’ ‘暗殺’ などを追い抜いて歴代ボックスオフィス8位に上がった。’極限職業’の興行兆しは封切り当時から予想することができた。封切り3日ぶりに100万観客を突破してコメディー映画封切り初日及び1月封切映画オープニングスコアの中で最高を記録した。封切り4日目になる日には200万観客を突破して1月一日最多観客新記録を樹立した。一日の間99万5195人の観客を集めながら91万6652名義 ‘神さまと一緒に-罪と着’ 記録を破ったのだ。以後封切り5日目300万、8日目400万、10日目500万観客を突破して早い興行速度を見せた ‘極限職業’は ‘お正月特殊’をずばり享受しながら本格的な好況を当たった。お正月連休が始まった去る1日から6日まで525万観客を追加に動員して封切り15日ぶりに1000万観客を突破した。お正月連休最多観客保有作である478万9288人 ‘検事外電’ 記録を追い抜いて、お正月連休最多累積観客数1位を取った。現在1000万映画順位は1位 ‘ミョングリャング'(1761万名・2014), 2位 ‘新科一緒に-罪と着'(1441万名・2017), 3位 ‘国際市場'(1426万名・2014), 4位 ‘アバター'(1362万名・2009), 5位 ‘ベテラン'(1341万名・2015), 6位 ‘化け物'(1301万名・2006), 7位 ‘泥棒たち'(1298万名・2012), 8位’7番の部屋のプレゼント'(1281万名・2013), 9位 ‘暗殺'(1270万名・2015), 10位 ‘鉱害、王になった男'(1231万名・2012)), 11位 ‘王の男'(1230万名・2005), 12位 ‘新科一緒に-因果年間'(1227万名・2018), 13位 ‘タクシー運転手'(1218万名・2017), 14位 ‘ブラザーフッド'(1174万名・2004), 15位 ‘釜山行'(1156万名・2016), 16位 ‘海雲台'(1145万名・2009), 17位 ‘弁護人'(1137万名・2013), 18位’アベンジャーズ:インフィニティウォー'(1121人・2018)が上がった。’極限職業’は1300万観客突破を目前に残している。11日基準で早い軽く越すと予想される中に歴代1000万映画順位何上に安着するか関心が集中される。
ソース : [http://news.tf.co.kr/read/entertain/1745183.htm, 2019/02/11 10:36:21]