‘マルマッ半分共感半分、笑い多く’…まともに 通した

bxl8YrB_o

嬉しいどういたしまして引き続き1200万、これからは1300万突破を控えている ‘極限職業’だ。映画 ‘7番の部屋のプレゼント'(1281万1206人)を破って歴代コメディー興行1位、歴代ボックスオフィス8位に上がった。先月23日封切りした ‘極限職業’は解体危機の麻薬組5人方が犯罪組織掃討のために偽装創業した ‘麻薬チキン’が一躍おいしい店で口コミに乗るようになって起る話を盛り込んだコミックスサグックだ。’二十’ イ・ビョンホン監督が演出し、リュ・スンリョンイ・ハヌィジン・ソンギュ李東輝功名などが爆発的なシナジーを出した。映画の与えた笑いは劇場外でもつながって “今までこんな味はなかった” などの流行語を作り出して、映画の中 ‘カルビチキン’の実際販売を導き出したりした。興行街道を無限疾走している ‘極限職業’の人気要因を察してみる。◆ イ・ビョンホン監督専売特許 ‘マルマッコメディー'”自信あるように笑わせる正統コメディー映画を作りたかった”メガホンを取ったイ・ビョンホン監督の企画意図だ。’二十'(2014) ‘風風風'(2017) などを通じて特有のユーモラスなせりふで観客たちを笑わせて来たこの監督がいよいよ事故を起こした。’スピードの出しすぎスキャンダル'(2008) ‘切ったら'(2011) ‘今日の恋愛'(2014) ‘レスラー'(2017) などシナリオ脚色に参加、演出外的でも笑い一杯な映画のために才能を広げて来たこの監督だ。はじめから最後まで笑わせようと決心したようだ。麻薬組という真摯な設定に寄せ集めのようなキャラクターの足が強いせりふでのべつ幕無しに笑いを与えている途中各キャラクターの反転真の姿とアクションで通快な快感まで与える。”今までこんな味はなかった。これはカルビかチキンか。はい、水原カルビチキンです” “犯人捕まえようとチキン屋をするのですか、チキン屋しようと犯人を捕まえるのですか” “農漁村特別選考であると思って、人々が” など劇の状況と各キャラクターの性格がかみ合って飛び出すせりふに笑わなくてはこたえることができない。◆ ‘新千万妖精’ リュ・スンリョンの活躍’極限職業’は ‘7番の部屋のプレゼント’ 以後6年ぶりに出た ‘千万観客’を集めたコメディー映画だ。二つの映画の中共通点があるから、まさにリュ・スンリョンだ。’道理化が’ ‘念力’ ‘7年の夜’ など敷布団何年興行と軟餌なかったリュ・スンリョンは今度映画で真価をまともに発揮して ‘興行俳優’ タイトルを回復した。リュ・スンリョンは ‘極限職業’で麻薬組故班長キャラクターで分解キャラクターは勿論、劇の中心を取りながらいけずうずうしいコミック演技で映画の中笑いのきめを輝くようにした。彼は ‘極限職業’ 以前、’7番の部屋のプレゼント’を含めて ‘鉱害、王になった男'(2012, 約1230万観客), ‘ミョングリャング'(2014, 約1760万観客)で千万以上観客に会ったことがある。◆ 劇全般に敷かれた ‘現実’, ‘共感台形成’昨年末から不振だった韓国映画界に調子を吹き入れた ‘極限職業’だ。この映画が観客たちの心を貫いた大きい要因で ‘共感台形成’が数えられる。劇で麻薬組刑事たちは ‘国民おやつ’ チキンを媒介で捜査を引き継いで行って、チキン屋創業に跳びこむ過程で故班長は退職金を使う。昇進でいつも滞る故班長に零れ落ちる妻の小言まで私たちの日常と慣れた要素が劇全般に敷かれている。寸鉄殺人のせりふが共感台貫通の頂点を付ける。”君が小商工人をよく分からないようだったのに、われらは元々すべて命をかけて日”というせりふは劇の分委気象笑いを与えながらも小商工人の難しい現実をつき出して心をゾリッするようにする。
ソース : [http://news.tf.co.kr/read/entertain/1745189.htm, 2019/02/11 14:00:02]