#余風 #多様性、そして #BTS…果敢な変化(総合)

8rY8YrB_o

今年グラミー授賞式(Grammy Award , 2019)は女性アーティストの活躍と白人中心の受賞を脱皮して多様さと若くなった雰囲気を強調した音楽祭りのようだった。その間グラミーの保守性をつねた彼らの目を意識したように、グラミーの変化は破格的だった。’世界最高の音楽授賞式’というタイトルをずっと持って行こうとする主催側の努力がそっくりそのまま現われるところだ。第61回グラミー授賞式が10日(以下現地時間) アメリカカリフォルニア州ロサンゼルスステイプルスセンターでアリシア・キーズの社会で約4時間の間開かれた。今年グラミーは女性アーティストの活躍が特に目立った。授賞式の進行を引き受けたアリシア・キーズを始まりにケイの時モスグレイブス、レディー・ガガ、エルだとマイなどが主要部門受賞者で舞台に上がって光栄を享受した。進行を引き受けたエルリシャキスと受賞者レディー・ガガの派手な祝い舞台、ファーストレディーだったミッシェルオオバ麻衣出演は ‘余風’に力を加えるポイントだった。グラミーは参加を拒否した受賞者に ‘クール’するようにトロフィーを授与する姿も見えた。黒人アーティストであるドナルド文ローバーは参加を断ったが、ベストミュージックビデオと今年の歌などで受賞者に指目された。黒人受賞者の強烈な受賞所感も目をひいた。ベストラップ歌部門でトロフィーを引っつかんだドレークは “いよいよグラミーに認定を受けたようでとても嬉しい”と言って多くの人々の拍手喝采を受けた。先立ってドレークはグラミー授賞式に不参すると宣言したが、これをくり返し変更して登場して舞台に上がった。今年の新人は置いてリパだった。涙を流して舞台に上がったリパは “本当にありがたい。すごい女性アーティストの間で私が候補になったと言うのだけでも光栄だ”とし “すべての人々は特別でその夢をつかむ価値がある”と所感を伝えた。韓国歌手最初、グラミー授賞者で舞台に上がった防弾少年団(BTS)の姿も変わったグラミーの姿をうかがうようにした。白人と黒人で一杯なステイプルスセンターに東洋から来た7人の少年が堂堂と舞台に上がってスポットライトを受けた。この日防弾少年団のリーダーRMは “(受賞者で) またこの舞台に立つ”は力強い所感を伝えてもう一度グループの存在感を強固にした。一方アメリカで開かれるグラミーアワードは私はアメリカレコード芸術科学アカデミーが1年間の優秀なレコードとアルバムを選定して授与する優秀レコード上に1959年始まった。映画のアカデミー賞に比肩されるグラミーアワードはポップ(ポピュラーミュージック)とクラシックを一緒にして、優秀レコード・アルバム・歌曲・歌手・編曲・録音・ジャケットデザインなど合計43個部門にかけて授賞する。下は第61回グラミーアワード主要受賞者(作品) 名簿だ。今年のレコード:ドナルド文ローバー ‘This Is America’今年のアルバム:ケイの時モスグレイブス今年の歌:ドナルド文ローバー ‘This Is America’ベストニューアーティスト:置いてリパベストポップソロパフォーマンス:レディー・ガガベストポップデュオ/グループパフォーマンス:レディー・ガガ、ブレドルリクーパー ‘Shallow’ベストトレデーショノルポップボーカル:ウィルリネルソンベストポップボーカルアルバム:アリアナ・グランデベストR&B アルバム:H.E.R.ベストカントリーアルバム:ケイの時モスグレイブスベストラップ歌:ドレーク ‘God`s Plan’ベストラップアルバム:カデー雨今年のプロデューサー:ファレル・ウィリアムス
ソース : [http://news.tf.co.kr/read/entertain/1745219.htm, 2019/02/11 14:01:32]