‘スカイキャッスル’ 上のにょっきり、もう悠悠と飛ぶ順番

aw9M2rB_o

“アガルモリをぱっとチッオボリルだと。”最近このせりふが分からなければスパイという音を聞くと言っても過言ではないよ。去る約3ヶ月、大韓民国には ‘スカイキャッスル’ シンドロームが吹きました。多くの人が集まれば ‘スカイキャッスル’は必ず出る話題だったし、群衆はこれを見た人と見ない人で分けられるほどだったからです。全体回送折り返しを回るまで ‘スカイキャッスル’を見ない人でした。ところで芸能部這おうという職業を去って、どの瞬間から周辺人々と対話で疎外感を感じるようになりますね。これではだめだろうと思ってどの週末VODで1回を視聴し、吹き荒ぶ展開にすっかりはまってそのままずっと没我の前回送を視聴するようになりました。このドラマ、シンドロームの中心にハン・ソジン役の俳優ヨム・ジョンア(47)があります。総合編成チャンネルJTBC グムトドラマ ‘スカイキャッスル'(SKY キャッスル・シナリオユーゲニズム・演出ゾヒョンタック)は大韓民国上位0.1%が集まって住むスカイキャッスル中で夫は王で、私の子は天下一王子と王女に育てたい名門家出身奥様たちの悽絶な欲望を隅隅までグリーンいわゆる ‘リアルコミック諷刺ドラマ’着たらだ。去る7日ソウル江南区鶴洞路一カフェに立ち入って ‘ハン・ソジン’とまったく同じな外貌を一ヨム・ジョンアを向い合いました。大きい雪に白い肌、長い首が孤高な感じを漂い、短い髪模様が淑やかながらもプロした雰囲気を発散しました。少しの間 ‘スカイキャッスル’を見ているような、ハン・ソジンに会ったような気がしました。あの時、にこにこ微笑んでいる彼と目があい、彼が優しく “あちらにお座りください”と口を割りました。一昨日で ‘俳優ヨム・ジョンア’に会ったということが実感の出ましたね。去る1991年ミスコリア線でデビューしたヨム・ジョンアは盛りだくさんの作品で多様なキャラクターを消化して大衆に会いました。大きく著しくはなくても着実にスターの道を歩いてデビュー初盤約10年を送ったんです。そして去る2003年映画 ‘長靴、紅蓮'(監督キム・ジウン), 翌年 ‘犯罪の再構成'(監督チェ・ドンフン), 2011年MBC ドラマ ‘ロイヤルファミリ’ などで演技力に大衆に大きく刻印されました。これからは本当に第2の全盛期が開かれたようです。ヨム・ジョンアは今度ドラマで勉強上手な初娘をソウル医大に行かせるために手段と方法を選り分けないハン・ソジンキャラクターで分解それこそ ‘熱演’を広げました。気品があふれる日常、几帳面な内助と婦人方の勢いから頬殴ることは基本であり、顔にメープルシロップを注いでしまうほどの荒しい面貌まで。母性愛と毒気を行き交うキャラクターを特有の素早い演技力とデビュー29年目の内攻で卓越に表現し出しました。ヨム・ジョンアは “私が先に理解ができなければならなくて、これを理解させることができる延期をするために努力します”と告白しました。そのためか毎場面が一品でした。ところで彼は “私どもなの演技した人々なのに、良い作品会って演技をお見せすることができたことだけでも感謝したことです。ところで愛してくださるから夢なのか現つなのか分からないですね”と言いながらソンサレを打ちました。そして謙遜にすべてのものをゾヒョンタックPDと製作陣の球で回しました。”視聴者たちに刻印されることはすべて演出力徳だと思います。私は感情を伝達する役目をするだけなのに、PD様がよくつかみ出してくださって、これを視聴者たちによくお見せすることができる一番良いアングロ取ってください。すべてのものが演出能力徳人のようです。準備しろということ準備すれば、展開に当たるようにPD様が編集してよく構成してください。”ヨム・ジョンアはドラマの高い人気で今まで経験してみることができなかったことを経験の中です。海外撮影で現地ファンに会ってみたりしたんです、空港にマズングナオン現地ファンの応援をもらったりしたそうですね。彼は大きい目をきらきら輝かして “初めて経験することなのに平気に受け入れるふりをしています。これが一体何の仕事そうです。本当にびっくりしたんです”と楽しがりました。ドラマの人気程 ‘アガルモリをぱっとチッオボリルだと’ ‘スエングニム(ハン・ソジンの ‘先生’ 発音)’ などヨム・ジョンアの演技したハン・ソジンが生んだ流行語も多様ですよ。ハン・ソジンのせりふは殺伐だったが、ヨム・ジョンアが吐き出したこの流行語は彼の案外の可愛い魅力が梨語や一座の笑いを催しましたね。”いや ‘口を裂いてしまう’と言う言葉は隠密にさせなければならない言葉なのにですね(笑い).流行ることとは思いもよらなかったんです。シナリオを読みながら ‘教養ある女が急にあんなことを言うことを演技してみればおもしろいだろう’という考えはちょっとやってみたが、流行になって驚きました。’スエングニム’という言葉をどこで報告 ‘この頃子たちが使う言葉のようだ’ 言いました。ところでハン・ソジン大使ということです(笑い).周辺人々に ‘私がいつスエングニムだとそうだった?’と問い返したんです。流行になったことが分かってからせりふをする時神経は少し使われたが、ハン・ソジンが心急な時は仕方なく ‘スエングニム’と発音になるんですよ(笑い).”‘スカイキャッスル’は老若男女にすべて等しく愛されたが、その中子供を育てる母親逹の間で特に話題になりました。ハン・ソジンが娘隷書(キム・ヘユンの方)の教育のために力をつくす過程で登場した入試コーディネート、1人読書室など教育と係わった要素からハン・ソジンのファッションまですべてのものが関心を受けたんです。撮影現場では俳優として、家庭では平凡な妻とママとして最善をつくす彼は今度ドラマを通じて子供達立場(入場)をもっと考えてみるようになったと言います。”教育官に変化が生じそうです。まだ子供達が小学生なので教育に対する基準がはっきりと立っていないですよ。最近子供達本当、本当に大変だったんですよ。子供達視線で少しでももっと理解してみなくちゃいけないと言う気がしました。”女性俳優たちの主な作品が珍しい最近、ヨム・ジョンアは去年にだけ君の作品の主役を占めたんです。今度に ‘スカイキャッスル’で頂点を付けた姿です。ヨム・ジョンアにも、大衆文化界にも嬉しい消息です。’スカイキャッスル’ 上ぐんと立ったヨム・ジョンア。もう羽をもっとぱっと広げてブラウン管で、またスクリーンで悠悠と飛んで大衆に楽しい響きを伝達するのを応援します。”これからは女性俳優たちが立つ場所がたくさん生じたらと思います。常に ‘する作品がない’と言って来たが去年に運が良く良い作品を君の作品や会いました。’スカイキャッスル’のように女性俳優がたくさん出る作品が愛されれば、またこういう(女性俳優がたくさん出る) 作品が製作されて、こんなシナリオが出ないかと思います。私たちドラマで女性俳優たちみんな演技上手ではなかったんですか?すべて一緒に誉められてすべて一緒によくできればと思います。””私が上手で ‘ロンクラン’ハン茶器よりは私はずっとその席において今まで延期をしているようです。デビュー初盤にはずっとスランプだったがあきらめなくちゃいけないと言う考えてみたことがないです。去年にはずっと感謝祈祷を差し上げたんです。どんなに感謝してから分からないです。’スカイキャッスル’が次良い作品、多様な作品にあえる機会をもうちょっと広げてくれなかっただろうかたいです。今年立派な作品会ってまたあいさつさせていただいたらと思います。”
ソース : [http://news.tf.co.kr/read/entertain/1745259.htm, 2019/02/12 05:00:03]