‘ハッチ’ ストーリー延期演出、3組合 通した。..やっぱり ‘ガッイヤング’

szUV3rB_o

やっぱりはやっぱりだった。’離散’ ‘東夷’ ‘麻衣’ など人気史劇ドラマを出したキム・イヨン作家の新作 ‘ハッチ’がもう一度視聴者たちを捕らえた。新鮮な司憲府素材とイ・ヨンソク監督の力が強い演出力、俳優たちのがっちりしている演技力がまじわって初回から没入島を引き上げた。12日視聴率調査会社ニールセンコリアによれば去る11日放送された ‘ハッチ’ 1回6%, 2回7.1%を記録して同時間帯1位を記録した。この日一緒に初放送を始めたMBC 新月火ドラマ ‘アイテム’ 1回、2回はそれぞれ4%と4.9%を記録してびりをし、KBS2 ‘町内弁護士チョたち号2’はそれぞれ4.4%と5.7%で2位を辛うじて守った。初放送では朝鮮の絶対君主粛宗(キム・ガッブスの方)の息子だが天旱雑仕女の身で生まれた ‘天旱王子’ ヨンインググン耳金(チョン・イルの方)の姿を中心に話が描かれた。バンチォンバングィ耳金は宮廷と市場通り、ギバングを出入りしたまままるで自由な空気のように自分ばかりの人生を生きていてその誰も彼の胸の中深くのたくる権力を向けた熱望をうかがうことができなかった。一方宮廷内では耳金といつ変わるかも知れない危なげな王座を置いて張り切ているようにデチォックする ‘昭顕世子の子孫’ ミルプンググン泥炭(チョン・ムンソンの方)があった。この過程でヨンインググン耳金とミルプンググン泥炭が対立して緊張感をプレゼントした。これと共にヨンインググン耳金と余地(コ・アラの方), 朴文秀(権慄の方)の運命的初出会いがそれぞれギバングと試験場で行われて視聴者たちの視線を捕らえた。特に余地は司憲府監察のために芸者はもちろん男服(平民の巫服)に変服した男装まで変身を繰り返えしたのに続き、刀を持った図体大きい壮丁たちも素手で圧するなど絶対折れない司憲府多毛の堅い姿を見せて耳目を集中させた。また朴文秀は一緒に試験を受けるヨンインググン耳金を向けた好感幼い目つきで彼のデスルが分かって正義感に燃えたまま彼の後を踏む姿まで、これから開かれる ‘ブロメンス'(ブラザーとロマンスを組み合わせた新造語)をもっと期待するようにした。だけではない。’ハッチ’はがっちりしている助演俳優たちの力が大きいと言っても過言ではない。イ・ギョンヨン、パク・フン、イ・ピルモ、ハン・サンジン、残すなど俳優たちが手始めから没入もあるように話を連れて行った。このなかにヌンググルする中に哀れさを盛った耳金の複合的な感情を表現したチョン・イルと朝鮮 ‘ゴルクロシ'(少女が惚れるほどに素敵な女性を意味する)の姿を見せてくれたコ・アラ、いけずうずうしいながらもどこに飛ぶことができない朴文秀を演技した権慄が鏡餠のように表現した。ここに ‘一枝梅’ ‘大風樹’ など史劇を演出したイ・ヨンソクPDの映画みたいなミザンセーヌも視聴者たちを捕らえた。広い野原、一匹馬のように自由に走らせたいヨンインググン耳金の本音が込められた場面と見るだけで心臓コシが強い耳金と朴文秀の市場通りジルズシンなどが目立った。一方 ‘ハッチ’は毎週月、火曜日午後10時に放送される。
ソース : [http://news.tf.co.kr/read/entertain/1745302.htm, 2019/02/12 09:43:46]