ハン・ジミンXナムズヒョック ‘目が眩しく’, A/S ない ‘時間離脱ロマンス♥’

IuEU3rB_o

時間離脱ロマンス ‘目が眩しく’がいよいよ視聴者に会った。11日放送したJTBC 月火ドラマ ‘目が眩しく'(シナリオイ・ナムギュ・キム・スジン、演出キム・ソクユン) 1回は視聴率3.2%(ニールセンコリア基準、全国家具)を記録して無難な初出発を知らせた。この日放送は愉快な笑いと暖かい共感、胸のときめきまでプレゼントした ‘感性シナジー’で視聴者たちの心をたたいた。1回では時間を回す能力を持った二十五慧慈(ハン・ジミンの方)の秘密が明らかになった。幼い時代海辺で拾った腕時計は時間を逆に回すことができる驚くべきな能力があったが、回した時間位年を取る対価を支払わなければならなかった。お兄さんのいたずらを避けようと、朝寝坊するため、メッセージ試験をよく見るために時間をでたらめにドルリョデンおかげさまで慧慈は他人達より早く成長し、ご両親の心配に時計を奥深い所に封印した。いつのまにか二十五になった慧慈はアナウンサーの夢を持ったが、現実はおなら席無職でウップン(笑わせても悲しい) 日常を暮していた。片思いした先輩勧奨号(賢友分)を見るためになって行った放送組エムティで慧慈はズンハ(ナムズヒョック分)といきいきとした初出会いを持った。記者志望生である準する卓越なスペックとビジュアルでもう有名人。ズンハとの初出会いは痛い記憶で残った。”どうしてアナウンサーになりたいか。自ら答えることができるほどの努力はしなくてはならないないか”と言う準下衣質問は慧慈の現実を痛く直視した。しかし思いがけない場所で再会した二人は一足もう近くなった。ママの代わりをして行った町内療養院建設反対デモ現場でズンハと再会したこと。慧慈は “あの時言った言葉すべて事実だ、私も感じていたことを今更突いてくれて私がごみみたいで嫌になった”は率直な本音をあらわし、そんな慧慈に向けて準する “町内住民であるとは思わなかったですね。よく見ます”という言葉とともにほほ笑みを渡した。準下衣ではなく痛くて恥ずかしかった理由は慧慈自信にあった。ママの期待の中にアナウンサー準備をしたが、現実は手ごわかったし、院では一箇所も出さなかった。先輩の紹介でアダルト映画ダビングバイトを終えて来た慧慈は錯雑な心に家前屋台に行った。その所でまたズンハとでくわした。二人はさかずきを傾けてお互いの本気を分けた。時間を回すことができれば何がしたいかと言う慧慈の質問に準する “お婆さんに行かない。私のようなやつ引き取って地獄のように住むようにしないんだ”は胸が痛む告白をした。準下衣切ない事情を聞いて時間を返すと時計を取り出した慧慈の ‘酔中エンディング’はこれからの展開に知りたい事を増幅した。一方 ‘目が眩しく’は与えられた時間をすべて使ってみることもできなくて忘れてしまった女と誰より燦爛たる瞬間を自らほうり出して無気力な人生を生きる男、同じ時間の中にあるがお互いに違う時間を生きて行く二人の男女の時間離脱ロマンスを描く。誰にも公平に与えられる時間を忘れてしまって一瞬にして老けてしまった二十五青春 ‘慧慈(キム・ヘジャ、ハン・ジミン)’を通じて意味なしに流す時間と当たり前に享受した瞬間の大事さを話す。ドラマ2回は今日(12日) 午後9時30分放送される。
ソース : [http://news.tf.co.kr/read/entertain/1745298.htm, 2019/02/12 09:34:54]