‘無兔許ひき逃げ’ ソン・スンウォン “パニック障害入隊無産” vs “疑いだけ5個”

パニック障害に入隊無産。無兔許飲酒運転でひき逃げ事故を起こした俳優ソン・スンウォン(29)が精神的苦痛を訴えて保釈(条件付き釈放)を要請した。しかし疑いはおおよそ5個だ。危険運転致傷と逃走致傷、道路交通法上無兔許運転、飲酒運転、事故後未措置などだ。拘置所で毎日反省をしているとはするが罪質が不良だ。大衆に、そして法的に容赦受けるのに彼は遠い旅に出たようだ。ソン・スンウォンは11日ソウル中央地方裁判所刑事7単独(ホングギチァン部長判事) 心理で開かれた初の公判で “疑いを皆認める”とし “今度一路公認に与えられた責任がいくら大きいのかもう一度分かるようになった”と言った。去年9月飲酒運転でもう免許が取り消しされた状態だったソン・スンウォンは結局拘束になってから自分の過ちを悟ったと言った。彼が飲酒運転に対する危険性と深刻性に対していくら無知だったのか分かる。ソン・スンウォンは去年12月26日午前4時20分頃ソウル江南区清淡洞学童十字路から漫酔状態に父親所有の自動車を運転して他の車を突き飛ばして逃走した。当時彼の血中アルコール濃度は0.206%で免許取り消し水準だったし、飲酒運転と逃走過程で中央線を越えて走った。事故被害車運転手と同乗者は軽傷を負った。もう彼は過去3回飲酒運転全力に去年もう一度摘発されながら無兔許状態だった。ソン・スンウォンはこの日公判で “その間法をとても易しく思ったということを全身でひしひし感じた”とし “拘置所に暮して一日一日心より反省している。二度とこんな罪をやらかさないで正しく生きて行く”と言った。ソン・スンウォンの弁護人は “ソン・スンウォンが恐慌障害を病んでいて口につけても無産された”とし “ソン・スンウォンが自由に裁判を受けて未来に対する悩みができるように気配りしてくれ”と言った。しかし弁護人の恐慌障害発言はもっと大きい非難世論を形成した。一部ネチズンは “私は有り勝ちなパニック障害障害がなくて罰金多く”(yobj****) “鼠死んだように自ら慎んでも足りないのにパニック障害?あんな奴は一生教化だめだ。飲酒運転一生しない人はいても一番(回)ばかりする人はいない”(s203****) “パニック障害搖り動かさずに常習犯ならその中で反省や加えろ”(yr91****) などの反応を見せている。また他のネチズンは “人死ななかったと保釈で釈放されてはいけないと思います。一度でもなくてたくさん見てくれて二度でもなくて。宝石に出ればまた飲酒運転します。その時は死亡者が発生するかもしれなくます”(b790****) “どうせまた大まかにしてからまた運転台取るの。そうするうちに交通事故に一人人生したたかなぐって”(wkdq****) “三度です!パニック障害は飲酒運転しても良いです?このままネブドなら四番(回)に殺人までつながるのを分からなければならないです”(mill****) “これから信じて欠かす潜在的殺人犯”(swee****) “あんな子たちは免許取り消しになるのが代数か。また運転台取って出その時は本当に人殺すでしょう”(soyo****) “私が見るにはまたすると思う。しながらかからない日がもっと多かったように”(tmxk****) などの非難の声を出している。またこの日ソン・スンウォンの弁護人は “(ソン・スンウォンが) ‘輪唱戸法’ 1号芸能人ではない”と言いながら “輪唱戸法は去年12月24日通過されて今年6月25日から施行されるのにソン・スンウォン事件は去年12月26日に起こった。ソン・スンウォンが輪唱戸法のため拘束されたことではない”と言った。先立って ‘輪唱戸法’ 1号芸能人だという修飾語に対する反論だった。しかしソン・スンウォンが ‘輪唱戸法’ 1号芸能人でもなくても間に、彼が罪を作ったということは明白な事実だ。本気のこもる反省をしても容赦受けることができるかどうかと思った状況にむしろさまざまな言い訳距離(通り)を作り上げるのはむしろ逆効果を催している。今ソン・スンウォンにはお粗末な言い訳ではない本気が盛られた反省をしなければならない時だ。
ソース : [http://news.tf.co.kr/read/entertain/1745271.htm, 2019/02/12 00:00:14]