ネイバー、’iF デザインアワード’でバイブ・ラインウォックスなど6個サービス受賞

iudBasB_o

ネイバーが世界3大デザイン上に数えられる ‘iF デザインアワード2019’で自社が提供する6個サービスが受賞したと13日明らかにした。ネイバーが今度 ‘iF デザインアワード2019’で受賞したサービスは人工知能(AI) ミュージックストリーミングサービスアプリ ‘バイブ’とAI スピーカー ‘クルロバプレンズミニ’, 子供のためのスマートウォッチ ‘あき’, ネイバーウェブトゥーンが設立したコンテンツ製作社 ‘LICO’, 業務用協業島で ‘ラインウォックス’, AI 無線イヤホン ‘マス’だ。AI ミュージックストリーミングサービスアプリバイブは使用者の選好度を表記するのに重要な象徴性を持ったオブジェクトである ‘ハート’をブランドのシンボルで規定した点、一般的な意味の ‘like’を向こう個人の趣向を捜してくれる使用者とサービス間の ‘key’ という象徴性を同時に伝達した点。使用者がアプリを使いながら ‘ハート’で選好を表記する度に現われる躍動的なリズムと盛りだくさんの色がひとりひとりの多様な趣向を象徴するという点で好評を博した。ネイバーの人工知能スピーカークルロバプレンズミニはややもすると硬く感じられることができる電子機器に可愛いキャラクターの感性を盛って機械に言い付けるのではなく友達に楽に話すように話し合うことができるようにした点で高い点数を受けた。ネイボラップスの正確な室内・外位置技術が適用されたLTE スマートキッズウォッチあきは高い完成度の簡潔な造形美と粋な色・素材の組合で67人の審査委員団から好評を博した。LICOはアニメーションを中心に多様なデジタルコンテンツを実験、製作しようとネイバーウェブトゥーン株式会社が設立したデジタルコンテンツ専門製作会社だ。’Life is Comic’の略語であるLICOは ‘あなたが思う人生の正義は何ですか’という質問からメッセージを拡張させてインターナルブレンディングを構築したという評価を受ける。この外にも、日本ビジネス協業プラットフォーム1位のラインウォックスはWアイコンを通じて多様な主体が空間の制約を越して協業を成す核心コンセプトを易しくて含み的に表現して好評を博し、ネイバーの技術を盛ったスマート音響器機ブランドマスは良質の音を提供するという音響器機の本質に焦点をマッ踊って ‘MARS FOR EARS’のコンセプトでブレンディングを進行した成果を認められた。一方、今度iF デザインアワードには50ヶ国家で7個部門に全部6375個の作品が出品された中に、各国専門家たちに構成された67人の審査委員が審査を進行した。
ソース : [http://news.tf.co.kr/read/entertain/1745432.htm, 2019/02/13 13:00:26]