ヤングイェワンの反撃、’本当にけんか’が残った

E6u19rB_o

ユティユボヤングイェワン(25)は去年5月非公開ヌード映像撮影回途中性暴行にあったと暴露した。ちょうど年初から吹いたミト願うことが荒かった時であって社会的波長で滲んだ。彼は自分のフェイスブックに ‘私は性犯罪被害者です’という題目の文と関連動画を載せた。以後彼が美貌の人気ユトボだったという事実とともに暴力背景に知りたい事が集められながら連日リアルタイム検索語に上がってネチズンたちの関心を受けた。ヤングイェワン事件が通常のセクハラ事件と違い論難で蕃鎭やけどする ‘自発的行為’を疑った一部ネチズンたちの攻撃のためだった。一週間後ヤングイェワンが自分に性暴行を加えたと主張した人と分けたカトック内容が知られて新しい所を迎える。当時公開されたカトック内容によればヤングイェワンは撮影日程を関係者と調律している。ヤングイェワンが撮影を断ってからお金のため受諾して、ただ写真流出を憂慮するような姿で映った。これを根拠で該当のスタジオ室長Aさんはヤングイェワンの主張を駁して対抗告訴で対応、真実攻防様相に展開される。容疑者に指目されたAさんは強圧的ではなかったことを強調して何回悔しさを訴えて暴露2ヶ月後自ら命を断った。ヤングイェワンに対する誹謗レス攻撃はこの時期を基点で集中された。問題は映像撮影の ‘自発性’ 可否よりは彼が初めて憂慮した ‘流出’による致命的被害に対する責任可否だ。法的判断基準はどうかな。◆ 女俳優セクハラ有罪チョ・トクジェ、”判決結果見たら息苦しい” 反問…論難に加速化 ‘被害者の陳述が一貫されて直接経験しなくても出にくい具体性を持っていて非合理的や矛盾しない。’ヤングイェワン事件の強制醜行及び撮影者モジブチェックBさん(46)は最近進行された1審で懲役2年6ヶ月(児童・青少年関連機関就職制限及び80時間の性暴行治療込み)を宣告された。Bさんは1審判決に不服して抗訴しておいた状態だが裁判部決定に対する一部反発の声はもう一つの論難を呼び起こした。”予想はしたが判決結果を接したらまことに息苦しい。”セクハラ疑いで過去2年間論難の中心に立ったチョ・トクジェがオンラインコミュニティに ‘ヤングイェワン事件1審判決を見て’という題目に文を書いて心境を明らかにした。彼は2015年映画 ‘愛はない’ 撮影途中パン・ミンジョンの下体を強制セクハラした疑いに起訴されて1審で無罪、2審で懲役1年(執行猶予2年、性暴行治療プログラム40時間履修) 判決を受けた。最高裁判所で有罪が確定された。チョ・トクジェは “一体どんな証拠と情況を提示すると被害者陳述の一貫性と具体性を勝つことができることか”と聞き返した後 “誰でも性犯罪に掛かり合えばあほうに公正な裁判を期待するのではなく告訴人を尋ねて合意を懇請しなければならない”と主張した。自分の場合と当て付けて ‘性差別的判決’というチョ・トクジェの心情は理解されるがヤングイェワン事件をともすれば歪曲された視線で眺めるアックプルロドルをけしかける否定的効果の震源地になることができる。◆ ‘コッベム’ ‘娼婦’ など原色的誹謗レス苦しんだヤングイェワン、”本気のこもる反省謝罪すれば容赦” 強制醜行及び写真流布容疑者たちに対する法的断罪と別個でいざヤングイェワンが今からしなければならないけんか対象の本当の実体は根拠ない非難で苦しめて来たアックプルロドルだ。その間ヤングイェワン関連記事や掲示物には ‘コッベム’や ‘娼婦’ などの原色的誹謗レスが走ったりした。こんな不便な状況と雰囲気を勘案したようにヤングイェワンはBさんの1審宣告直後アックプルロドルとの戦争を宣布した。梁氏の代理人であるイ恩義弁護士は去る7日 ‘アックプルロ100余人を名誉毀損または侮辱疑いで処罰してくれ’と言う主旨の訴状をソウル瑞草警察署に提出した。この際誹謗レスをきっぱりと遮断するという意志の表現だ。ヤングイェワンは “裁判結果が忘れてしまった生を戻すことはできなさそうだが少し慰労になる”と “(1審) 結果にもかかわらず私を責め立てる人々と対立して戦うこと”と言った。今後の彼は毎週または毎月間隔を置いて定期的にアックプルロを告訴するという方針を明らかにした。代わりに法律代理人を通じて “実名(ヤングイェワン)で運営するSNSに本気のこもる反省を盛ったサジェムンを日程期間載せたら許す意向もある”と余地を残した。大衆の心理は常に二重的だ。切ない視線を送っていながらもどの瞬間隣不具頃するようにおもしろく眺める捻れた心が共存する。その上に ‘セクハラや ‘性暴行’のように論難の事案の場合にはくるむよりは傷を出してもっと致命的損傷を与えたりする。ヤングイェワン事件は手始めから有名芸能人劣らないイシューモルイをして熱い攻防で滲み、相変らず後遺症は深刻だ。論難の余地があっても勇気まで色焼けされてはいけない。
ソース : [http://news.tf.co.kr/read/entertain/1745412.htm, 2019/02/13 10:42:13]