完全な一人立ち ‘WANT’

7rSD8rB_o

よく売れる子供石グループの咎を脱ぎ出して完全な一人立ちをするのは易しくない。自分が畿重にも積んで来た結果物を見せてくれるきっかけになったりするがグループのメリットを受けたと言うのがばれることもできるからだ。そうだから裏付される実力が一番重要だ。そんな面でグループシャイニーのテミンはとてもよく育ったアーティストになった。16歳、幼い年齢にデビューして27歳青年になるまで彼は自分ばかりの実力を押し堅めて国内男ソロ歌手の中でも独歩的な歌手になった。去る7日ソウル江南区清淡洞SMエンターテイメント社屋から来て会ったテミンは二番目ミニアルバム ‘WANT'(ワント) 発売を控えてときめくことと緊張を同時に抱いている姿だった。しかしその中で妙な自信感が感じられた。理由ある自信感みたいだった。”今度アルバムは ‘MOVE'(ムブ)の延長船上だと見れば良いようです。起承転結が明らかなパフォーマンスを準備しました。’MOVE’で解消することができなかった爆発力を今度歌で解消させて上げようと準備したんです。ポイントかまないないが全体的な流れが株になるそんな振付なのによく見てくれたらと思います。”2017年売り出した ‘MOVE’は当時熱い話題を集めた。’MOVE病気’という言葉が生ずるほどに多くの人が彼の振付に付いて踊った。大衆的だと言うにはちょっとマニアティックしたこの踊りは中性的ながらも纎細な振付動作が特徴だ。これをきっかけでテミンはソロ歌手として認定を受けることは勿論、彼ばかりの色を確かにするようになった。”シャイだから活動をする時群舞は確かにチームの長所をよく生かしてくれるようです。しかしソロ活動をする時は私という人を見せてくれるのに焦点を合わせると生き残ることができます。強烈なパフォーマンスをするチームが多いのに私まで爆発力あるようにすると目立つようではないんですよ。そんなエネルギーが出なくて。それで私ばかりの色で行く。”思いきり可愛いことだけ同じだったシャイだから末っ子テミンの風変りな魅力が感じられた。皆が追い求める音楽よりは自分の長所をよく生かして、どんな音楽がよく似合うか分かる賢い歌手だった。もう末っ子ではない歌謡界先輩になって行っていた。”私も私が幼いと思いました。ところで幼い友達が見た時はではなかったんですよ。幼い後輩たちに斉家 ‘何歳に補なの?’と聞けばその年どおり見えると言ったが?ハハ。私が柔らかで可愛いのをすれば30大分は可愛く見てくれるが20代達は ‘あの子どうしてああなのか’ たいだろう。(笑い)” いつのまにか ‘可愛気’で ‘セクシー’の路線に行っているテミンは自分ばかりの色を持つまで多い悩みと努力があったと言った。”ソロで始めるためにはイメージからまた始めなければならないと思いました。シャイだから末っ子が大好きだがこれが後には毒になることができるんですよ。そのため ‘怪盗’ 時からイメージ変身を悩んだんです。ところでソロアルバムを進行していると私が好きな曲スタイルがちょっと暗くて重い曲だったです。自然に私の色になったようです。ところでこれからはもうちょっと大衆的な音楽をするつもりもあります。観客と疎通をしなければならないからです。”去る11日午後6時に公開された新しいアルバムのタイトル曲 ‘WANT’はグルービーしたメロディーラインが印象的なポップ曲だ。ここに官能的なパフォーマンスが加わりながらまた一つの ‘見る音楽’が誕生した。テミンは “聞く音楽ではない見る音楽である位全体的な絵に神経をたくさん使った”とし “何もしなくても良いような位にラフに始めて絶頂を走る内容の振付をよく見てくれたらと思う”と説明した。インタビュー現場で公開された ‘WANT’は彼の言葉のように ‘MOVE’の香をひしと漂った。現代舞踊を思い浮かべるようにした。ここにテミンのヤブデーヤブは身選科す早い顔は ‘WANT’の柔らかくならないもっと目立つようにした。そのため “アイドルとして管理はするが踊りのために特別にダイエットをするのか”と聞いた。”運動して体重を増すから踊る時身がこちこちになるんですよ。’MOVE’ 時もこちこちなの感じました。それで運動はしなくて、柔軟性育てるストレッチングをしています。体重島減量したんです。4~5kg 程度減量したが、私が骨組みが細くてもっと薄く見えるようです。”国内から男ブラシで歌手としては独歩的な色を持ったテミンはどこでお爺さんと影響を受けたのか知りたかった。”‘グッドバイ’で会った振付師コハルに良い影響を受けたんです。’本当に踊りだね’という感じがしました。組んだ振付をすることも踊りだが表現することにおいて不足だという感じを受けたんですよ。ところでコハルのする踊りは他人達と差別化になるんですよ。実はかっこいい踊りは多いのに何か心には残らなかったが、そうなのを残したいという考えに差別化を試みました。他人達と違うそんなことあるんじゃないか”デビュー12年目になったテミンはもう音楽放送でも一番先輩の数に属する控室を使うと言った。ひさご頭をして “ヌナンとてもきれいで~”を歌ったのが一昨日ようなのに時間は本当に早く流れた。しかし彼は相変らず多い人々の愛がほしかった。”‘WANT’で多くの人が私をもっと望むようになったらと思います。見れば見るほどもっと見たくなる舞台を作りたいのが目標ですよ。一番(回)も見なかった人はいるが一度見た人はいないようにしたいですね。今年は韓国で身がこわれなさい活動する計画です。”
ソース : [http://news.tf.co.kr/read/entertain/1745369.htm, 2019/02/13 05:00:04]