‘目が眩しく’ 2回万に ‘感性ポテン’ 立証…ハン・ジミンXキム・ヘジャの ‘一杯になった響き’

dBN69rB_o

ドラマ ‘目が眩しく’が視聴者たちにゾリッした感性をプレゼントした。12日放送されたJTBC 月火ドラマ ‘目が眩しく'(シナリオイ・ナムギュ・キム・スジン、演出キム・ソクユン) 2回視聴率は全国基準3.2% (ニールセンコリア、有料家具基準)を記録して1回に似ている成績を維持した。この日放送で慧慈(ハン・ジミンの方)のお父さん(アン・ネサンの方)は交通事故にあって、慧慈は対価が知りながらもお父さんを生かすために時計を逆に回す。しかし慧慈の努力にも買ってからは防ぐことができなかった。ここに慧慈はまた時計を回して、始まった運命の日何番(回)も同じ車にぶつかったが慧慈は止めなかった。そして結局運命を変えてお父さんを求めるのに成功した。また目を開いた時慧慈はお父さんが生きている平凡な日常に涙を流した。しかし家族たちの目つきは不慣れだった。二十五慧慈は消えて一瞬にして老けてしまった慧慈だけ残ったこと。時計を回した対価で慧慈の時間はもつれてしまった。大事な人を求めるために対価を支払ったが、弁韓自分を受け入れることができずに絶望する姿は視聴者たちの涙腺を刺激した。ズンハ(ナムズヒョック分)にも試練が近づいた。つまむ尋ねて来てお婆さんにお金を要求するお父さんの暴力から脱するために準する自害をして暴行でお父さんを届けた。しかし不幸はそれで終りではなかった。お婆さんが世を去ってしまったこと。葬儀場に尋ねて来たお父さんはお婆さんの死が準下衣のせいだと責めて彼をもっと苦痛の中に押し入れた。二十五青春だった慧慈が一瞬にして70代に老けてしまいながら本格的な話も始まった。平凡だがこまごましい幸せを享受した慧慈とズンハに近づいた試練は切なくて胸が痛むように視聴者たちの感性をたたいた。一瞬老けてしまった自分の不慣れな姿にホンランスロウォするキム・ヘジャの演技は重たい余韻を残した。
ソース : [http://news.tf.co.kr/read/entertain/1745417.htm, 2019/02/13 11:04:14]