“鬼追う方法ちょっと”…ソン・セビョク・コ・ジュニスリラー ‘ビングの’, 知りたい事↑

hGs19rB_o

俳優ソン・セビョクコ・ジュニ主演 ‘ビングの’ メイン予告篇が視線を捕らえる。ケーブルチャンネルOCN 新しい水木ドラマ ‘ビングの'(シナリオバックフィガング・演出ツェドフン) 側は13日メイン予告篇を公開した。’ビングの’は霊異清い不良刑事鋼筆性(ソン・セビョクの方)と強い霊蹟機運を持った霊媒ホン敍情(コ・ジュニの方)が人の身にビングウィして犯罪をやらかす邪悪な魂を追う内容を描くスリラードラマだ。その間愉快なティーザーを公開して来たことがある。これと他にメイン予告篇では普通ではない雰囲気と意味深長な話を盛り込んで人目を引く。さかずきを前に置いて対座した二人。”私が絶対信じないのが二つあるのに巫子して鬼だ”という鋼筆性に “飛ぶ今も見えるんですよ?”というホン敍情の呼吸に視線が傾く。畢星は “私が警察なのか詐欺師なのか ‘ヤングパル’で感知がならない?”と聞いたら、気経に答えにくい位にブルリャングスロウン外貌と言いぐさを持ったが、死体だけ見ても鋭い目つきでうって変わる生れついた ‘感’を持った強力係刑事だ。そんな彼が霊異強い霊媒敍情とともにするようになった理由に知りたい事が高くなる。鬼を信じないと言った畢星の態度が変わった。心細い目つきで “鬼たち追い出す方法やちょっと知らせてくれましょう。行って退治してくれればもっと良くて”と言う畢星の顔はうんと痩せていたように見える。目的をわからない符籍とその前で本音をわからない表情を一敍情、グッドをしている巫子の登場は興味を刺激する。特に20年前連鎖殺人魔の声とシルエットは予備視聴者を身の毛がよだつようにする。何より “だね中に入って行けば、君の能力と記憶を皆持つことイッダヌンゴか?”とビングウィを予告、20年前何の事件があったことか、また20年が経った現在どんなことが起ることか、本の放送に対する好奇心を増幅させる。’ビングの’は来る3月6日午後11時初放送される。
ソース : [http://news.tf.co.kr/read/entertain/1745410.htm, 2019/02/13 10:40:29]