カムバック ‘D-5′ トレーのバレンタインデープレゼントは?…’びっくりスポイラー’

0Xu2fsB_o

ボーイグループトレー(TREI)がデビューを5日控えてファンのためにプレゼントを準備した。トレー所属社バナナカルチュアエンターテイメントは14日午前ネイバーブイライブにトレー初リアリティープログラム ‘トレータイムビギンズ’ 7火を公開した。この日トレーはデビューを控えた所感とともにミュージックビデオ撮影現場をびっくり公開した。映像でチェ彰拐は “長年の時間演習をしてもういよいよ三人の一チームになって正式で結果物を出すことができるという点が嬉しくて期待が多い”と伝えた。キム・ジュンテやっぱり “私どもを愛してくれる皆さんおかげさまでこんなにデビューができるようになってとても感激的だ”とし “いつももっと良い姿を見せてくれるように努力する”とデビュー所感を言った。続いて来る19日に売り出すデビュー曲を説明した。曲を聞いて浮び上がることに対して聞く質問にチェ彰拐は “‘手始め’という単語だ。曲を聞いて始める感じが強かった”と言った。イ・ゼジュンは ‘雲’を言って “つかまるようにつかまらない感じを受けたことが多いと思う”とし “そんなことのように歌歌詞や雰囲気もそんな女に関する話だから歌と最高の相性みたいな感じを受けた”と説明した。また愛着が行く曲でチェ彰拐は “今度アルバムに全部参加をしたが全部愛着が行く。その中でも一つを選ぼうとすると ‘あなたの夜’だ。家事とメロディーラインが内容ががたがたとちゃんと出たと気がする”と言い、イ・ゼジュンは ‘抱いてやって’をキム・ジュンテは直接作詞に参加した曲である ‘お嬢さん’を選択した。デビュー後してみたいことに対してイ・ゼジュンはコンサートを選択した。イ・ゼジュンは “私どもが各各作業しながらしてみたいことも多くて ‘こんなチームになったら良いだろう’という考えをするのに本当に思いきりそんなものなどをお見せして舞台をする日が早く来たらと思う”と所望を明らかにした。最後にトレーは “長くかかっただけもっと成熟して努力する姿勢にいつも謙遜に発展して練習してファン方々頃心より対するトレーになる”と覚悟を押し堅めた。一方トレーはバナナカルチュアエンターテイメントで初めてランチングするボーイグループで正式デビューの前からメンバー全員が作詞、作曲、プロデューシングなどシンガーソングライター力量を発揮している。来る19日デビューショーケースを始まりに本格的な活動に出る。
ソース : [http://news.tf.co.kr/read/entertain/1745521.htm, 2019/02/14 11:22:46]