‘サバハ’, 今度は仏教とキリスト教だ。..新 問題作(総合)

EDtuesB_o

‘ゴムウンサゼドル’のチャン・ゼヒョン監督が新作 ‘サバハ’に帰って来た。前作に引き続き今度にも宗教を素材にした。仏教とキリスト教、善と悪の不明な境界などを恐ろしく扱ってまた一つの問題作を出した。13日ソウル竜山区CGV 竜山アイパークモールで映画 ‘サバハ’ マスコミ試写会及び記者懇談会が開かれた。この日席には俳優イ・ジョンジェ、パク・ジョンミン、イ・ジェイン、チャン・ゼヒョン監督が参加した。’サバハ’は新興宗教集団を追ったパク牧師(イ・ジョンジェの方)が疑問の人物と事件を向い合うようになりながら始まるミステリースリラーだ。チャン・ゼヒョン監督は “‘はく探そうとしたが悪に会った’という1行で始まった”と映画を作るようになったきっかけを明らかにした。長監督は “世の中が不合理で暗い時ならば ‘神さまが果しているか’という疑点が入った。それで記事を捜してみれば人々が宗教を作るが、そうするうちに信義存在に対して知りたい事に疑問を持っていたよ。結局はゴングホハムだけ残るようになるのにそこで映画を作らなくちゃいけないと言う考えをした”と言った。’サバハ’は長監督の前作 ‘黒い師弟たち’と違ってオカルト的な部分よりは宗教の色彩をもっと強調した。長監督は “‘黒い師弟たち’がキャラクターで話をしたら ‘サバハ’は敍事が主人公である映画を作ろうと努力した”と説明した。引き続き彼は “俳優たちがキャラクターのバルランスをよく取ってくださって誰も目立たないように敍事がちゃんと出たようだ”と言った。イ・ジョンジェは久しぶりに現代劇に帰って来た。彼はこの映画を選択した理由に対して “他の姿をお見せしたい欲求が多くてしてみないキャラクター中心にシナリオを読んだ”とし “そうして当時シナリオ入って来たこと中に一番おもしろかったしこんなジャンルをしてみなくてパク牧師役を務めるようになった”と明らかにした。今度映画で目立つのは新人俳優イ・ジェインだ。イ・ジェインは ‘サバハ’が初映画にもかかわらず安定的な演技力で消化した。長監督を含めてイ・ジョンジェ、パク・ジョンミン、ジン・ソンギュなどは口をそろえて言って誉めた。長監督は “オーディション場で初めて会ったが、イ・ジェイン俳優の声が大好きだった”とし “映画始める時ナレーションで入れやすさそうだった”と言った。それとともに “経験に比べてはくよく理解して宗教的な知識をたくさん持っていてコミュニケーションするのに大好きだった”と誉めた。イ・ジョンジェは “会うシーンが多くなくてどう演技するのかよく分からなかったが映画を見終わるから如何にこのように演技が上手かびっくりした”とし “新人なのにかかわらず自分が表現しなければならないすべてのものなどをよく表現する姿を見て非常に驚いた”と評した。ジン・ソンギュやっぱり “叔父ファン一人が増えた”とイ・ジェインの初映画デビューを祝った。最近 ‘極限職業’で千万俳優隊列に立ち入ったジン・ソンギュは ‘サバハ’でお坊さんに出演する。彼は “1000万観客が動員された映画をするようになった。映画上映の前に (‘サバハ’ 俳優たちが) 千万機運を吹き入れてくれと言ってしたが私が吹き入れなくてもよくできるようで必要な時度に機運吹き入れる”と言って場内を笑い海で作った。パク・ジョンミンは今度映画でミステリーした整備工羅漢役を務めた。彼は “個人的に演技に対する焦燥よりは映画一本に対する100% 応援が入って行った映画作品は今度が初め”と言いながら “監督様おっしゃったことのようにストーリーが主人公であるこの映画が多くの方によく近付いておもしろく感じられたら良いだろう”と言った。この日長監督は感激の涙を流した。彼は “私が昔に ‘アルマゲドン’ 見た以後に泣いたことがないのに熱心に作った”とし “梨牛糞たちがあまりよくしてくださって観客の方がおもしろく見たら良いだろう”と要請した。’サバハ’は来る20日封切りして上映時間は122分だ。
ソース : [http://news.tf.co.kr/read/entertain/1745480.htm, 2019/02/14 05:00:03]