デージ・ソン輪形、好感と熱愛のやや苦い後味

LAD7isB_o

“好感を感じて会いました” vs “付き合う間ではないです”最近株価をあげたボーイグループ、アイコン(B.I, キム・ジンファン、BOBBY, ソン輪形、ク・ジュンフェ、キム・ドンヒョク、チョン・チャンウ)のソン輪形と ‘プムプム’で存在感を確かにあるガール・グループ某某ランド(ヒェビン、煙雨、諸人、台霞、ナユン、デージ、児である、ズイ、ナンシー)のところでは熱愛説の主人公になった。しかし所属社を通じて野は二人の ‘熱愛説’はお互いに立場(入場)が全然違う。ファンはこれをどう受け入れなければならないか?14日スポーツソウルはアイコンメンバーソン輪形とところでは熱愛の中だと報道した。報道によると二人は歌謡界先・後輩に初めて会って親しみを積んでいる途中3~4ヶ月の前から恋人で発展した。この媒体は歌謡界関係者の言葉を借りて “二人はデートも楽しんで通常の恋人と同じくお元気だ”とし “とてもよく似合うきれいなカップルだ”と具体的な話を伝えて信憑性を高めた。熱愛説が報道された後デージとソン輪形の所属社は “事実を確認して立場を明らかにする”と控え目な立場(入場)を伝えた。以後弱い時間後似ている時期に熱愛説と係わった公式立場を発表した二つの所属社。しかし、立場(入場)は全然違った。デージの所属社MLDエンターテイメントは二人の熱愛を認めて “最近デージとソン輪形が好感を感じて会い始めた”と公式立場を伝えた。しかしソン輪形の所属社YGエンターテイメントは “好感を持って出会いを持ったが、付き合うことではない”と熱愛説を否認した。熱愛説と関連、両側所属社の立場(入場)が他の異例的なことだ。”プライベートだからわからない”と熱愛説にノーコメントに応対した仕事はあっても一方だけ熱愛を認める状況は極めて珍しいから。アイドルイメージに一番致命的かも知れない熱愛説だ。所属社の消極的な対応は最善のための仕方ない方法であるかも知れない。しかし熱愛説の結論はやや苦いだけだ。ファンには誤解を、当事者であるデージとソン輪形に大きい傷で残らなかっただろうか。デージとソン輪形の熱愛、あるいは好感で終わった関係。真実は二人だけ分かるだけだ。
ソース : [http://news.tf.co.kr/read/entertain/1745599.htm, 2019/02/15 00:00:04]