‘ファユギ’ 盗作訴訟、原告敗訴 “別個著作物で見ると”

w0DQlsB_o

去年3月に終映したtvN ドラマ ‘ファユギ'(シナリオホン・ジョンウンホン・ミラン、演出パク・ホンギュンキム・ビョンスキム・ジョンヒョン)が盗作疑いを脱いだ。’ファユギ’ 側は15日公式報道資料を出して “去年5月定期会さんがドラマ ‘ファユギ’のホン・ジョンウン、ホン・ミラン作家に提起した著作権侵害(盗作)による損害賠償請求訴訟に対してソウル西部地方裁判所第11民事部 (部長判事ウラ屋)は2019年2月12日付けで原告請求棄却原告敗訴判決を下すだ”と明らかにした。裁判部は判決文で “‘ファユギ’はウェブ小説 ‘エユギ’と具体的な表現や表現方式において差が出て一部類似の部分があると言ってもこれは原作 ‘西遊記’で由来する部分を除く時極めて些細で ‘エユギ’の劇の特性が ‘ファユギ’に感知されると思いにくいので実質的に類似すると認めることができないし別個の著作物になったと思うことが妥当だ”と判断した。定期会さんのウェブ小説 ‘エユギ’は最高のアイドルグループのメンバー合宿所に、平凡な女子大生が男装をして入って来てお兄さんの身分でアイドルグループの合宿所に一緒に同居してマネージャーとして芸能界活動をする内容だ。主人公たちの前世が ‘西遊記’の人物だったという ‘西遊記’との連関性がある。古代小説 ‘西遊記’をモチーブにしたということ以外に、ドラマ ‘ファユギ’とは劇の性格、ストーリー、主題、葛藤構造、人物のキャラクターなどが違う。当時盗作疑惑を提起した定期会さんは ‘西遊記’をモチーブで作り出された時当然登場することができる人物である孫悟空、猪八戒、サオジョン、牛馬王、ホン孩児、ナチァルニョが登場するのが類似すると主張した。以外男主人公が背の高くてハンサムでカリスマありスポーツカーに乗るという点、男女主人公が悲劇的な運命で編むよ悲しい愛をする点、男女主人公が一緒に時間を過ごして愛に陥るという点、交通事故で劇中人物が死亡するという点等が類似すると主張した。裁判部は “定期会さんの主張などを創作的表現だから見られないし、具体的な表現方式でも差が出る”と言った。今度判決に対してホン作家は “無責任して根拠ない盗作申し立て行動によって創作者たちがいただくようになる苦痛と被害が極甚さを吐露して、見た判決が根拠なしに提起した著作権侵害主張の弊害を新しく認識することができるきっかけになってほしい”と明らかにした。ホン作家は追後定期会さんに対する名誉毀損に関する法的措置も積極検討する予定だ。ホン作家は経った何年間の悪意的な虚偽事実がインターネットを通じてまるで事実引揚変質されて広がっていることを深刻に人差指と、これを直すために虚偽事実作成流布者たちに対しても強力法的対応する予定だ。
ソース : [http://news.tf.co.kr/read/entertain/1745635.htm, 2019/02/15 11:14:19]