“申し訳ありません”…故 崔ジンシル娘チェ・ジュンヒ、校内暴力告白

hb4ulsB_o

学んで崔ジンシル娘チェ・ジュンヒ嬢が過去校内暴力を告白して謝りを表明した。チェ嬢は14日ユーチューブチャンネルに “謝り映像、申し訳ありません”という題目の映像を載せた。寝室を背景にした映像でチェ嬢は “2年前あった校内暴力仕事に対して被害者とこの事件によってすごくよくなかった方々に心よりお詫びのこと申し上げたい”とし “被害者と連絡をしないか長くなって連絡が触れない。連絡が触れたら直接謝ること”と言った。引き継いで “2年前小さい争うことで始まったけんかが大きくなって学校暴力裁判が開かれた”とし “私はその頃フェイスブックで被害者を友達と悪口を言い、その後にも感情的に対処してSNS(社会関係網サービス)にどうしても口に出すことができない言行をした。その後書面謝り判決が下ろされて被害者に書面お詫びした”と説明した。また “私の行動に対していつも反省してまた反省する心を持って生きて行く”とし “もう一度覚ますように話をしてくださった皆さんに感謝のことを申し上げて今度仕事を通じてこれからもっと気を付けて気を付けるチェ・ジュンヒになる”と念をおした。次はチェ・ジュンヒ嬢謝り表明専門だ。こんにちはチェ・ジュンヒです。去る2年前あった校内暴力仕事に対して被害者様とこの事件によってすごくよくなかったシチォングザブンドルなの心よりお詫びのこと申し上げたいです。本の事件に対する詳しい顛末の対して説明をしたいが被害者様本人の立場(入場)を聞いてみなかったしまた被害者様とは2年間連絡をしないか長くなりました。連絡も触れないでまた私が連絡をむやみにすることは礼儀ではないようで事件の顛末に対して詳らかに話す状況ではないようです。被害者様に連絡はしておいた状態で連絡が触れたら必ずもう一度直接お詫びすると約束します。そして私が間違ったのが迎えることで被害者様の立場を考慮して思ってそのまま私の過ちのみを認めてお詫びのこと申し上げる映像になるようです。詳らかに申し上げることができない点申し訳ありません。去る2年前小さい争うことで始まったけんかが大きくなって学校暴力裁判が開かれました。私はその頃フェイスブックで被害者様を友達と一緒に悪口をしてその後にも感情的に対処してSNSにどうしても口に出すことができない言行をしました。その後書面謝り判決が下ろされて被害者様に書面お詫びしました。私に大きい傷を受けて学校を学校をやめた被害者様を含んでこの事件以後でたくさんがっかりしてオンチァンウルショッを方々に頭を下げて申し訳なくて謝罪するという申し上げたいです。申し訳ありません。なによりも私のために多い痛みを受けたその人にももう一度心より謝りたいです。現在私は誓ってその人にどんな悪感情が残っていない状態で本当にその時の私に行動に対していつも反省してまた反省する心を持って生きて行きます。そして二度とそんな言行を口に出さなくてそんな行動をしないとこの映像を見るすべての方々にご約束致します。私の行動に対して指摘してくださってもう一度覚ますように話をしてくださったみなさんに感謝のことを申し上げて今度仕事を通じてこれからもっと気を付けて気を付けるチェ・ジュンヒになります。もう一度お詫びのこと申し上げます。
ソース : [http://news.tf.co.kr/read/entertain/1745626.htm, 2019/02/15 09:45:59]