鮮やかな救出・感動…’シークレット’ パク・ヘジン “実際消防署員、体得すること”

CY82msB_o

俳優パク・ヘジンの特殊構造隊員変身はどうかな。パク・ヘジンが119特殊救助隊で鮮やかな構造現場を伝達して、変身を控えた所感を明らかにした。パク・ヘジンは15日午後2時京幾南楊州市ビョルネドング首都圏119特殊救助隊で開かれた新しいドラマ ‘シークレット'(仮題、シナリオイ・ソニョン・演出オ・ジョンロク) 119 消防庁特殊救助隊訓練状況試演後記者懇談会で “加減なしにお見せしたい”と力強い抱負を見せてくれた。’シークレット’でパク・ヘジンはヘリに乗って人を救助する119特殊救助隊消防署員ガングサンヒョックキャラクターで扮する。サンヒョックは外貌、動物的感覚、すごい頭まで取り揃えた位にすべてのものが完璧だが幼い時代の記憶を失ったまま生きて行く人物だ。去る2016年から着実に消防署員サポート奉仕、寄付活動を引き継いだパク・ヘジンは去年消防庁名誉消防署員でも任命されて火事安全広報映像で消防署員に活躍するなど119救助隊員と縁が深い。この日記者懇談会でパク・ヘジンは “消防署員ながらM&A 専門家”とキャラクター紹介をして “M&A 専門家として直接足で走らなければならない面貌がある。消防署員の義務も完璧に成すことができること”と考えを伝達した。引き継いで “絵の中の消防署員ではない実際消防署員の姿を体得してリアルな消防署員の姿をお見せするように努力する”と特殊救助隊消防圏キャラクター延期を控えた心得を示した。降りしきる雪が翻る日、記者懇談会に先立って119 消防庁特殊救助隊訓練状況が試演された。パク・ヘジンも試演計画があったが悪い天気による安全上の問題で参加することができなかった。絶壁模型にぶら下げられたマネキンを救助する過程だった。救助隊員はロープと持つことを絶壁の下で下ってマネキンを積んで、絶壁の上で引き上げた。仮想の状況だがこのように緊迫な数はなかった。あの時ヘリコプターのエンジン音が遠くから聞こえた。119構造ヘリコプターが早く飛んで来て絶壁の上に立ち止まった。救急隊員たちはヘリコプターでロープを下げてマネキンを救助した。一仮想の生命が劇的に救われる感動の瞬間だった。試演を終えた後パク・ヘジンは構造本部車に乗って登場した。助手席で降りたパク・ヘジンは構造大将に敬意を表するように丁寧に握手を渡した。構造大将は “パク・ヘジンのドラマ活躍で社会正義、消防署員たちの哀歓がよく扱われて国民的共感台が形成されるように願う”とし “社会変化の小さい波の作われるきっかけになったら良いだろう”と望むことをあらわした。’シークレット’は現実的な欲望を持った人物たちが各各幸せではない記憶で口は心の傷を ‘森’という空間に集まって来ながら治癒して行って幸せの本質を悟る内容を描くドラマで、今年の上半期撮影予定だ。
ソース : [http://news.tf.co.kr/read/entertain/1745672.htm, 2019/02/15 16:08:04]