淡泊さが武器と同時に魅力

eveYosB_o

その間引き受けて来たキャラクターのせいだったろうか。俳優キム・ドンヨンとインタビューがつかまってからふと心配からなった。’ツンデレ'(表はつっけんどんだものの中では暖かい) 配役をたくさん引き受けた彼だと漠然と実際でもそんなことと言う気がするからだ。直接会ってみたら予想大道だった。ところでその姿がもっと魅力的な学んだ。淡泊で気軽かったし、そんないくつかの点がキャラクターによく付け出したという気がした。12日ソウル麻浦区上岩洞編集局でSBS 月火ドラマ ‘復讐が帰って来た’を終えたキム・ドンヨンに会った。この日は午前早くから始めたインタビューだと難航が予想された。口が不十分に解けたり、午前からエネルギーを出すことは易しくないんと言う(のは)心配が先に立ったのが事実。しかし実際に話を交わして見ると杞憂に過ぎなかった。終始一貫和気あいあいしたインタビューが進行された。キム・ドンヨンは ‘復讐が帰って来た’でおつかい会社 ‘あなたのお願い’ C.E.O イ・キョンヒョン役を務めた。ギョングヒョンは友達復讐(ユ・スンホの方), そして良民誌(パク・アインの方)と幼い年に会社を設立して左衝右突仕事を解決して行く1位ザンモリクンだ。しかし愛においては間抜けてみえた人物でもある。”私はギョングヒョンイをオボスロブゲ表現したくなかったです。状況自体がこっけいでしょうギョングヒョンイをいたずらに表現したくなかったんです。ギョングヒョンイが劇の中から26歳位だが、現実では軍隊除隊して学校に通っている私じゃないでしょうか。ところでその人は幼い年に事業を始めて導いて行く友達ですよ。とてもかっこいいと思いました。私がもしその年に ‘二日(俳優)をしなかったら何をして暮しただろうか’ たいです。絶対にギョングヒョンのようなことはする事ができなかったでしょう。”ドラマでギョングヒョンは幼い時から友達である復讐と良民誌と堅い友情を見せてくれた。実際キム・ドンヨンは学生時代友達とどのように送ったのか知りたかった。彼はまるでその時代に帰ったように思い出を思い浮かべた。”私が6歳の時から蚕室に住んだが、まだその町内住みます。中学校の時から親しい友達10人がいるのにその子たちもずっとこの町内に住んでいてよく会います。友達性格が私とすべて似ています。オーバーすることを嫌やがります。一人でもそうすれば ‘どうしてそうなのか’と責めます。ハハ。撮影ない時ならお互いに家にも遊びに行ってお酒一ザンシックも飲むが、友達と団合が本当に良いです。私のすべての延期の源泉はこの友達と言えよう?”彼が打ち明けた学生時代エピソードはまるでシツエイション・コメディーを見るようだった。キム・ドンヨンは “結婚した友達妻たちとも皆きわめて親しく過ごす。皆同じな町内で育ってそうするようだ”とエピソード一つを解いて置いた。それとともに彼は目頭まで赤くして笑いを催した。”友達結婚式の時私が祝辞をしました。ところで私の友達ではない妻になるお姉さんを見てむかっとするんですよ。うちの友達の間では実のお姉さんみたいな存在ですよ。そんなお姉さんがわずか私の友達やつと。今も涙が出るようですね。”町内友達と話を聞いていようとすると俳優キム・ドンヨンではない人キム・ドンヨンの姿が覗き見えた。それとともに自然に彼のフィルモグラフィーも浮び上がった。映画 ‘偉い願い’とtvN ドラマ ‘ホンスルナムニョ’ ‘シックシャをしましょう3’ など特に友達と ‘セーミ’がよく暮らす作品とキム・ドンヨンがよく迎えたからだ。”友達の影響のためだったでしょうか。ハハ。そんな作品で特に良い反応を得たようです。特に ‘ホンスルナムニョ’ 時多い方が好んでくださってまだ外に出ればそのキャラクターで調べてくださるんですよ。私も同じ年齢友達と一緒に演技するのがおもしろいです。”しかし似ているキャラクターを連続して引き受けて一イメージで固まることもできるという恐れもある。キム・ドンヨンは “たくさん露出する俳優ではないから似ているのを何回引き受けると言ってイメージが固まるつもりと言う(のは)考えない”と言った。去年キム・ドンヨンは映画 ‘毒箭’で演技変身をしたことがある。麻薬を製造する聾唖兄と妹の中でお兄さんである町営に出演した彼は存在感あるキャラクターで観客に確かめた。キム・ドンヨンに ‘こんな姿があったか’ と思うほどに強烈な演技変身だった。”その配役は私がしなくても誰がしても目立つキャラクターと思います。私にそんな機会が与えられて感謝するだけです。運が本当に良いようです。周辺に上手な人々が本当に多いでしょう。演劇なさる方々もそうで、新人俳優たちもそうで。その方たちが夢を広げることができる窓口が狭くて切ないです。最近媒体が多くなったりしたが相変らず大変じゃないでしょうか。”デビューしてからもう16年目。きちんきちんと一歩ずつ進んでいる彼だ。”10年以上延期をしてみるからどうなのか”と聞くと彼は “してもしても分からないのが延期だ”と返事した。”撮影に入って行って取ってOKが出れば3秒位ある途中 ‘よこのようにするの’という考えをたくさんします。延期に完壁という件ないようです。満足ということをできませんね。すべての事がそうだが数学公式のようにかちかち落ちるのではないでしょう。私の満足ができなくて毎瞬間惜しいです。”彼に演技はどんな意味かも知りたかった。するとキム・ドンヨンは答えにくいようにマネージャーに質問を越した。マネージャーは “延期において兄さん(キム・ドンヨン)は本当に真剣だ”とし “多くの俳優に会って、経験することができないのをすることを好むようだ”とヒントを与えるように言った。キム・ドンヨンは “そうだね!”と言いながら言葉を引き継いだ。”人会う方が良くてこの事を始めました。中学校の時始めたから兄さん、お姉さんたちがよくしてくれた覚えます。ハハ。延期は話にならなく近付いた存在ですよ。実力だけではならないでどの位運も支えなければならないのに信じられないですね。私は幸福もたった人のようです。”
ソース : [http://news.tf.co.kr/read/entertain/1745660.htm, 2019/02/16 00:00:03]