‘私一人暮す’ 席非運イ・シオン、誹謗レス苦しんだ理由は

zu1essB_o

俳優イ・シオンが ‘私一人暮す’を通じて誹謗レスで心苦労した事情が伝わって誹謗レスに苦しんだ理由に対して知りたい事がおこっている。15日放送されたMBC 芸能番組 ‘私一人暮す’ではイ・シオンを除いたチョン・ヒョンム、パク・ナレ、ハン・ヘジン、起案84, 聖訓が集まって話を交わす場面が公開された。この日パク・ナレはチョン・ヒョンムに “前会長様、’オルザング’様(イ・シオン)がこの前週に見るから誹謗レスをたくさん受けたのにそれだから俗世間を発ったんですか”と聞いた。ここにチョン・ヒョンムは “私も文をいくつ見たが私のようでも席をはずしたようだ”と答えた。引き続きチョン・ヒョンムは “分かってみれば一場様に良いことがあったよ。いよいよ映画に主演でキャスティングになった”とし “スケジュールいたんだ月位席をはずす予定だ”とイ・シオンの空白に対する説明を付け加えた。放送外的でもイ・シオンと仲がいい間で知られた起案84はこの日放送でイ・シオンが誹謗レスによって苦しがっていると立場(入場)を代わりに伝えた。起案84は “実はイ・シオン兄さんが誹謗レスを受けてから私に ‘大変だ’と電話した”と言った。一方イ・シオンは去る6日放送されたMBC 芸能番組 ‘ラジオスター’から映画 ‘自転車王オム・ボクドン’に出演した非(チョン・ジフン), 俳優イ・ボンス、新人俳優神髄港と出演してから態度論難を起こしたことがある。特にこの日放送を視聴したネチズンたちはイ・シオンが後輩俳優である神髄港にした言いぐさと態度を指摘して一部ネチズンたちはイ・シオンと係わる記事とコミュニティなどを通じて誹謗レスをつけたりした。
ソース : [http://news.tf.co.kr/read/entertain/1745728.htm, 2019/02/16 13:28:19]