イム・スジョン、今度は勝負欲 甲 キャラクターだ…2年ぶりに復帰公式化

xPP2CsB_o

俳優イム・スジョンがtvN ドラマ ‘WWW'(仮題、副題:検索語を入力してください)で視聴者たちに嬉しいカムバック消息を知らせた。キングコングby スタスィブは18日このように明らかにして所属俳優イム・スジョンがtvN 新しいドラマ ‘WWW'(演出チョンジヒョン、シナリオグォンウンソル、製作ファエンダムピックチォス)で屈指のIT企業本部長ベタミ役で出演を確定してブラウン管で延期歩みを引き続く。劇の中でイム・スジョンはIT業界に携わる30代後半会社員ベタミ役を務めた。ベタミは業界1位巨大ポータルサイト企業の本部長で勝つのを好きで勝つのに自信あり勝負欲が強いキャラクターだ。勝つ数を使いながらも次第倫理的な過程を経ろうと絶えず自分の検閲をしながら成功という燈巣下にあまりにも多いのを失って行っているのではないのか懐疑を感じ始める。イム・スジョンはその間初初しくて可愛らしい姿から力強くて講壇あるイメージまでスクリーンとブラウン管を出入りして大衆に愛されたことがある。特に今度作品はtvN ‘シカゴタイプライター’ 以後約2年ぶりにブラウン管カムバックを知らせることでファンの期待を集める。’WWW’は妻もママも選択しない今女性たちのリアルな生と愉快な成功を描いたファンタジードラマ。働きながら貸借なのぶつかって働きながら楽しいように争ってただ働いている途中勝つことも負けたりすることで差別と障害なしにただ私の事を熱心にしたという理由で成功するストーリーを盛る。ポータルサイト業界の熾烈な競争と皆見当をつけたが誰も知らせてくれなかった業界の話を解く予定だ。また今度作品は ‘ミスターションシャである’を共同演出したチョンジヒョン監督と、キム・ウンスク作家の補助作家で筆力を積んだグォンウンソル作家のイブボングザックで製作の前から関心を受けて期待を熱く焼いている。一方イム・スジョンが出演するtvN ドラマ ‘WWW’はすなわち俳優キャスティングを結末をつけて撮影を控えていて、2019年上半期放送を控えている。
ソース : [http://news.tf.co.kr/read/entertain/1745784.htm, 2019/02/18 09:47:18]