‘サバハ’, あなたが信じているのが本当ですか?

sAoFAsB_o

はいた実際に存在するのか。心が大変になる時なら探すその神さまという存在は果して私たちの横にあるのだろう。遂に探したその神さまは明らかな線(善)と言えるか。映画 ‘サバハ'(監督チャン・ゼヒョン)はこの謎みたいな問いに対する答を見つけようと長い旅程を去る。’サバハ’は新興宗教団体を追うパク牧師と自分のはく追う宗教団体。そして彼らが向い合った信義実体が映画の大きい筋書だ。この過程で善と悪が何回転覆しながら映画は反転に反転をプレゼントする。ここに仏教とキリスト教が手がかりを解いて行く主要鍵になる。映画は手始めから圧倒的だ。うら寂しい背景音楽とミザンセーヌで決心したように恐ろしい雰囲気を精一杯造成する。血を漆甲した巫子がグッドをして、クロヤギ群れが登場する。ここに二十二十ギアー出る滲むことと動物たちの大きな瞳、人間の腹の中で生まれたが人間ではない受賞した ‘それ’ など強烈な場面が初盤から耳目を引っぱる。’サバハ’の没入島は特別だ。集中を邪魔するすべてのものを遮断しようとするように詰むストーリーと演出、背景音楽三博子が完璧な構成を成した。そうだとして恐怖だけあるのではない。こまごましい笑いを与えたりする。その笑いの大きい役目はイ・ジョンジェがする。新興宗教集団を追うパク牧師役を務めた彼はその間多い作品で描かれた牧師ときめを異にする。新興宗教の刺激的なものなどを暴いて文でお金を儲けるちょっと商業的(?)である牧師だ。いけずうずうしかったりして臆病も多いのにこの姿が笑いを与える。ところでパク牧師から ‘暗殺’の塩析陣が浮び上がるのはイ・ジョンジェのトンのためだろう。’サバハ’から濃い ‘暗殺’のにおいがする。またこの映画で抜けることができないことは金貨役を務めた俳優イ・ジェインだ。’サバハ’が初映画にもかかわらず彼は安定的な演技力で1人2役演技を広げた。だまされるわからない目つきと中低音の声は ‘サバハ’の恐ろしい雰囲気を引き上げるのに一役する。長監督の前作 ‘黒い師弟たち’で見つけたパク小胆のようにイ・ジェインも忠武路の新しい宝石になるようだ。パク・ジョンミンは自分を極限に追いこんでミステリーした整備工羅漢訳科高いシンクロ率を誇った。ここに映画 ‘極限職業’で千万俳優隊列に合流したジン・ソンギュが自分の分け前をたっぷりやりこなす。’サバハ’はキャラクターもキャラクターだが敍事の導く力が強烈だ。しかし敍事を裏付ける俳優たちの演技力ががっちりしているからこれも可能だった。特に国内では見つけにくい新鮮な素材と構成で観客の好奇心を自然に催す。’サバハ’は単純なホラームービーではない。現実を生きて行く私たちに ‘信頼’は何か、私たちが見ているそれが真実なのかもう一度質問を投げるようにする。’サバハ’は来る20日封切りする。上映時間は122分。15三観覧可だ。
ソース : [http://news.tf.co.kr/read/entertain/1745579.htm, 2019/02/18 00:00:01]