ニュースゼヒュピョングがウィ、スタンド10個媒体通過…コンテンツ提携 ‘合格 無’

8akOEsB_o

ネイバーとカカオのニュース提携審査を担当するネイバー・カカオニュース提携評価委員会(ゼヒュピョングがウィ)は15日進行したニュース提携及び制裁審査関連会議結果を18日発表した。ニューススタンドに10個媒体、ニュース検索に38個媒体が通過した。ニュースコンテンツ提携評価を通過した媒体は一ヶ所もなかった。先立ってゼヒュピョングがウィは去年9月3日から2週間ニュースコンテンツ、ニューススタンド、ニュース検索提携を願う媒体の申し込みを受けた。ニュースコンテンツ及びニューススタンド提携にはネイバー84個(コンテンツ60個、スタンド51個、重複27個), カカオ58個など合計101個(重複41個) 媒体が申し込んだし、定量評価を通過した79個(ネイバー68個、カカオ46個、重複35個) 媒体を対象に去年10月12日から約二ヶ月間真心評価を進行した.その結果ニュースコンテンツ0個、ニューススタンド10個媒体が評価を通過した。通過の割合は9.9%だ。ニュース検索提携にはネイバー316個、カカオ233個など合計385個(重複16個) 媒体が申し込んだ。定量評価を通過した媒体は247個(ネイバー217個、カカオ143個、重複113個)だ。彼らを対象に真心評価を進行した結果合計38個(ネイバー32個、カカオ29個、重複23個) 媒体が通過した。提携を申し込んだ媒体の中で9.8%だけ通過した。カテゴリー変更は合計15個媒体が申し込んだ。定量評価を通過した14個媒体を対象に真心評価をした結果ネイバーニュースコンテンツ1個、カカオニュース検索1個など合計2個媒体が評価を通過した。またゼヒュピョングがウィは去年3月から12月まで不正行為によって賦課受けた累積罰点が合計6点以上の9個(ネイバー9個、カカオ2個、重複2個) 媒体を対象に再評価を進行した。その結果合計4個媒体(ネイバー4個、カカオ1個、重複1個)が提携類型維持、合計2個媒体(ネイバー2個)が提携類型変更、合計3個媒体(ネイバー3個、カカオ1個、重複1個)が契約解除された。ゼヒュピョングがウィは今回の会議でニュース提携審査基準である定量・真心評価規定を改正することにした。定量評価は30%から20%で、真心評価は70%から80%に変更することにした。評価項目も改定された。定量評価は記事生産量、自体記事量、倫理的実践意志で改正した。真心評価のジャーナリズム要素は社会的価値性、報道の公正性・正確性・客観性、報道の専門性、記事生産体系の適切性で、倫理的要素は記事倫理、広告倫理、扇情性で、収容者要素は利用者要素に変えた。再評価与えることは既存年間4回で年間2回で縮まって、ニュース提携審査と同時に進行する。ショウガ酒の中第1いわゆる委員長は “ゼヒュピョングがウィスタート後3年間進行した提携審査過程で現われた不備点を今度規定改訂を通じて全面的に手入れした”とし “これからは差別化された記事をたくさん書く媒体が高い点数を受けるようになること”と言った。
ソース : [http://news.tf.co.kr/read/entertain/1745844.htm, 2019/02/18 17:02:48]