‘加硫’ ナ・フナ、歌手協会3000万ウォン秘密後援 ‘狩口令’

oj6KEsB_o

‘加硫’ ナ・フナが大韓歌手協会(以下歌手協会)に後援金を密かに伝達した事実が一歩遅れて知られた。ナ・フナは去年秋新たに出帆した歌手協会が財政的困難を経験するという消息を伝えて聞いて最近側近を通じて3000万ウォンを寄託した後周りに狩口令を下げたことと確認された。18日午後歌謡界のある元老は取材陣とインタビューで “ナ・フナさんはかつてから後輩歌手イ・ジャヨンをかわいがった。去年新しく出帆した歌手協会が難しいという話を聞いて新しい会長で任期を始めたイ・ジャヨン会長に力を吹き入れる次元で最近後援金3000万ウォンを寄託するようになった。元々は歌手協会長になった後食事をしながら助言を言ってくれようとする意図で会ったし後援金や激励金の話が知られれば意味を色焼けさせると思って知られるのを願わなかったようだ”と寄託背景を説明した。ナ・フナは最初後援金を出した事実を ‘一切の外部に明らかにするな’は狩口令を下げたがナ・フナとイ・ジャヨン会長が17日夕方ソウルのある一流ホテルで側近たちと食事を一直後、これを前もって伝えて聞くことができなかった歌謡界ある知人が外部に耳打ちをしながら明らかになった。これに対して歌手協会取締役Aさんは18日電話通話で “ナ・フナ先輩の激励金を公式後援金で伝えられたのは事実”と直接確認してくれた。彼は “歌手協会は同僚歌手たちが十匙一飯出す会費に運営されるノンプロフィット団体なので常に暮しがぎりぎりになるしかない”と “ただ金額を去って協会に対する特別な愛情を見せてくれたのが後輩たちにはあまり感謝したこと”と付け加えた。ナ・フナとイ・ジャヨンの縁は格別のことと知られた。ナ・フナがイ・ジャヨンのデビュー曲である ‘あなたの意味’を作詞作曲し、以後にも ‘ソウル旅人’ ‘別離の18番地’ などの曲を与えながら愛情のこもった紐帯関係を維持して来た。歌手協会に対するイ・ジャヨンの愛情も特別だ。彼は1代~5台まで歌手協会取締役兼副会長を歴任して南進(招待) ソン・デカン(2台) テジナ(3, 4台) キム・フングク(5台)に引き続き去年9月任期3年の大韓歌手協会6台会長に就任した。また6代歌手協会取締役ではジン・ミリョン、キム・ヨンイム、ソ・ジオ、バク・スジョン、イ・デジュン、キム・サンシク、偶然が、チョ韓国、含怨式、チョ・スング、キム・ジンア、オックフィなど選出職12人とイム・ヒスク、キム・クックファン、ソ・スナムなど任命職6人など合計18人の取締役が先任された。一方歌手協会はイ・ジャヨン新任会長スタート以後内部結束及び基金用意のために去年年末初後援会を持ったりした。
ソース : [http://news.tf.co.kr/read/entertain/1745818.htm, 2019/02/18 16:44:58]