“性売買、事実だが。..”リーン、履修関連記事にコメント団理由は

wM6UCsB_o

歌手リーンが夫履修の性売買事件を言及した。15日履修はインスタグラムにバレンタインデーに迎えリーンから高価の腕輪を贈り物もらったという文を書いた。この日インサイトがこれを記事化日インスタグラム公式アカウントにあげると、あるネチズンは “未成年者性買収者が何をするのか分かりたくなさ”とコメントをつけた。ここにリーンはこのコメントに答コメントを月であり “相手が6ヶ月間も監禁されたがそれが分かっても知らん振りをしたことは事実ではないという言おうとコメントつけました”と言いながら “性売買は事実だがその中に虚偽事実は横行します”と履修の代わりをして解き明かした。引き続きリーンは “見なくて読まなければいく気を使わなかったがこのコメントを読んだ以上そのまま越えて行けば悩み苦しむようだからです”と言いながら “なにとぞ分かりたくない、分からなくても良い他人の家仕事をこんなに分からなければならなくて疲れるようですね。こんな日は私の職業が本当に嫌いです。すまなくて、それでも幸せに一日仕上げ上手です”と付け加えた。先立って履修は2009年未成年者性売買疑いに起訴されたことがある。当時履修は性売買事実は認めたが、相手が未成年者だったことが分からなかったと主張して2010年起訴猶予処分を受けた。一方リーンと履修は去る2014年9月結婚した。
ソース : [http://news.tf.co.kr/read/entertain/1745776.htm, 2019/02/18 09:16:42]