BTS 福岡公演、日本ドームライブツアー対米(大尾)

6RwkDsB_o

BTSの日本ドームライブツアーが経った16, 17日福岡公演を終りに幕を閉じた。2018年11月13, 14日東京東京ドームを始まりに11月21, 23, 24日大阪ギョウセラドム、年を越して2019年1月12, 13日名古屋ドーム公演、そしてこの日福岡でお終いになった。公演一日前である15日昼12時頃福岡国際空港入国はもうアーミー(BTS 公式ファンクラブ名称)らで踏み所がなかった。ソウルでいつ到着するかも知れないBTSを見るために早い朝から日本各地で寄り集まったBTSの熱誠ファンのためだ。16日、17日両日間観覧客は8万名余が越えてグッツを購買しようとする行列も福岡ドームを一回りぐらっとかけているほどものすごくてBTSに対する日本ファンたちの熱気を見当をつけることができた。観客の大部分は10代~20代で全体観覧客90%が女性で、ママと娘が一緒に公演を観覧する場合も多くて人目を引いた。福岡隣近地域である熊本、宮崎はもちろん東京、そして特に隣国であるソウルでもたくさん殺到して異彩をたたえた。宮崎から来た観覧客ミサさん(女33)は “20代中盤から寒流に魅かれてビッグバン、シャイニー、エックソなどかなりの大型公演はすべて見た”と “しかし今度防弾公演のクォルリトを通じてもう一度世界的水準の韓国歌手たちのパフォーマンスに驚愕を禁ずることができなかった”と感動の余韻を残した。公演を終えてホテルに帰る道は限り節で苦行だった。いっぺんに4万名が同時に溢れ出ながら大衆交通(バス、電車、地下鉄)は30分以上並んだ。筆者も宿所に帰るために20分以上歩いて出てちょっと暇な道路でタクシーに乗らなければならなかった。また市内ホテル周辺はほとんどアーミーたちが占領した雰囲気だった。公演直後福岡の繁華街韓国料理店はアーミーたちで予約が不可能だった。普通30分以上待つと立場(入場)可能である位韓国願うことが熱く吹いた。福岡すべての経済家一時的でも防弾二日間公演で蘇ったという話が聞こえるほどだった。公演第一の日福岡ドームに到着するやいなや一番先に目立つことは終りが見えないだと並んだ。キーホルダー、ティーシャツ、団扇、帽子、マスクなど合計30余類に達するBTSのグッツをあらかじめ購買するためのアーミーたちの行列だ。この中 ‘アーミー峰'(BTSのファンライトはアーミー峰に呼称される)もその中の一つである。アーミー峰はアーミーの誇りにしようシンボルだ。アーミー峰を持っていることだけでBTSとアミガ一つなのを証明してくれる。アーミー峰はBTSの公演を見るためには必ず購買しなければならない必須アイテム中の一つだ。アーミー峰は私たちがよく見られる平凡な応援峰ではない。アーミー峰はBTSとアーミーを一つで受け継いで交感する。数万名が雲集した公演場にアーミー峰はそのもの発狂万で雰囲気を高めてくれるがアーミー峰はそこに止めない。字と柄または形象を表現しながらBTSと公演の一一部分になる。アーミー峰は公演手始めと同時に座席認識システムに連動された演出プログラムによって自動で作動するからだ。アーミーたちはただファンライトだけ振って与えれば良いのだ。このような演出が可能なことは座席認識システムおかげさまだ。◆ BTS コンサート花は ‘アーミー峰’, 多様な形象具現座席認識システムファンライトは私たちがよく分かっている夜光峰を意味するが、単純に応援峰で使う概念を飛び越える。韓国の世界的IT技術と会って新しい機能のファンライトで誕生したからだ。座席認識システムと言う(のは)公演をティケッティングした不特定多数の観客たちが本人スマートフォンに見ようとするアーティストのアプリを設置して、前もって座席情報及び演出データをラッピング(送信、入力)しておけば公演場でひとりの演出者によって該当のアーティストの音源に合わせてファンライトを任意どおり制御調整する期お酒を言う。これはよく私たちが分かっているカードセクションと比べることができる。座席認識システムを通じてすべての座席にペアリングが成り立てば公演場の中のすべてのファンライトは音源に合わせて自動的に色演出は基本、字及びイコライザー、虹、ハートなどかなりの形象まで皆表現することができる。こんなにファンライトの活用度が大きくなりながら最近私たちの公演文化も新しいペンドムができ始めた。過去の公演がアーティスト中心の一方向性公演だったら、最近には舞台と客席がお互いに交感して、一つの一体感で受け継ぐ双方向公演に変わっているという点だ。BTSの今度福岡公演の中でファンが一斉に ‘アイロビュBTS’と叫べば客席のアーミー峰が辞書演出されたハート模様の形象に変わりながら舞台のBTS行ってみることができるようにしてくれる先端システムだ。ファンライトを開発した (株)ファンライトのチェ頃である代表は “去年からBTSを含めてエックソシャイだからなど大部分の国内外大規模公演で活用されて好評を博している”と “その誰も想像することができない新しいパターンを誕生させて今年の内に披露する計画”と言った。
ソース : [http://news.tf.co.kr/read/entertain/1745788.htm, 2019/02/18 10:57:36]