リーン、履修に毒になった ‘コメント内助’

1oTvGsB_o

夫のための心に残した文だった。しかし愛を盛って善意を見せた行動になろうと夫に刀になって帰って来てしまった。18日、オンラインポータルサイトのリアルタイム検索語上位圏を歌手リーンと履修の名前が間飾った。理由となると、リーンが残した長文の ‘解明文’ のためだ。事件の発端は履修があげた一枚の写真だ。履修は去る15日、自分のインスタグラムに前日受けたバレンタインデープレゼントを公開した。妻(リーン)に向けた愛情を強調した文も人目を引いた。履修のあげたプレゼントは高級ブランドの腕輪。彼は写真下に ‘忠誠する’と言う意味のハッシュタグを愛嬌あるようにつけたりした。これを見たオンライン媒体インサイトは履修の掲示物を引用して記事化した。記事化されたコンテンツは公式SNSに載せられて該当のニュースを見た何人のネチズンは履修に向けたコメントをつけた。彼がやらかした犯罪と連関された内容が大部分だった。履修のSNSだったら残しにくかった過激な表現も並んだ。なかでもあるネチズンは “未成年者性買収者が何をするのか分かりたくなさ”と言いながら履修の暗い過去を具体的に言及したりした。結局これを偶然に見た妻リーンが出たこと。リーンは “相手が6ヶ月や監禁されたがそれが分かっても知らん振りをしたことは事実ではないという言おうとコメントつけました”という言葉を始まりに長文の返事を残した。リーンは “性売買は事実だが、その中に虚偽事実は横行します”と言いながら “見なくて読まなければいく気を使わなかったがこのコメントを読んだ以上そのまま越えて行けば悩み苦しむようだからです”と自分がコメントをつけるようになった理由について説明した。引き継いで “なにとぞ分かりたくない、分からなくても良い他人の家仕事をこんなに分からなければならなくて疲れるようですね。こんな日は私の職業が本当に嫌いです。すまなくて、それでも幸せに一日仕上げ上手です”と付け加えた。コメントをつけた後、大衆の反応は熱かった。リーンの行動を置いて ‘履修の妻なら当然悔しいことがあるだろう”と言う意見を見せたりしたが、大部分 ‘軽率だった’は反応だ。敢えてリーンまで出て性売買事件で物議をもたらした履修の過去をもう一度暴く体たらくになったからだ。’性売買は事実だが’というリーンの言いぐさも論難になった。’性売買をしたがこのようなことは事実ではない’と要目条目堂堂と指摘する立場(入場)ではないという意見だ。履修が付随的なものなどを計算するというの自体が無意味な重犯罪人罪をやらかしてこれを一つ一つ計算して事実を直すしても、彼が過去社会的物議をかもしたという事実が変わるのかないから。コメントが論難になった後、リーンは自分のインスタグラムに新しい掲示物をあげてもう一度人目を引いたりした。彼は自撮りとともに “メッセージとコメントに送ってくれる多い慰安も暖かくよく受けました。そのまま全部ごめんなさい”と書いた。しかし関連イシューをつねて言及しなかったから ‘コメント論難’を意識とリーンが文を書いたかは正確にわからないことだ。過去ネチズンと舌戦で論難、あるいは物議をもたらしたスターたちがいる。考えなしにただ誹謗レスに感情的に動搖して失言を言ったり分からなくても良い事実まで言及して本人のもうだが墜落した事例は少なくない。リーンが夫履修のために使った意図は良いが惜しさが残る書き入れ時だ。もうちょっと理性的に考えて賢い対処をしたらもう一度履修が過去の事件でリアルタイム検索語に登場しなかったはずだから言葉だ。
ソース : [http://news.tf.co.kr/read/entertain/1745842.htm, 2019/02/19 00:00:02]