‘情報提供者’ タレントシン・ドンウク、’親孝行詐欺’ 論難に結局涙

0TNVJsB_o

俳優シン・ドンウクが祖父と論難に結局目頭を赤くした。18日午後放送されたKBS2 ‘情報提供者’では祖父信号菌さんと財産論難に巻き込まれたシン・ドンウクが出演して本音を打ち明けた。この日シン・ドンウクは “祖父本人がさせたとおり私の名前で家名義を処理した。私はずっと断ったが、祖父が頑なに家をくださった”とし “祖父は財産で家族をたくさん苦しめた。だから受けてはいけないの分かっていた”と告白した。一方祖父は “私が体が良くなくて孫であるシン・ドンウクに ‘私を扶養するのか’と聞いたら孫が言うした”とし “それで家を与えたが、家だけ受けて連絡がならなかった”と相反した立場(入場)を広げた。製作陣が探した法務士事務所関係者は “お爺さんが挙動が不便で私たちが役場にお供をして印鑑証明書を受けることができるようにお手伝いした”とし “委任状に判子を捺して確認書面を受けながら ‘同意してくださることなのか’と聞こう ‘渡してやることだ’と答えた”と言った。こんなに両側の主張が行き違った中に、シン・ドンウクと祖父が告訴を取下げと合意したという消息が聞こえた。祖父は “俳優という職業が時間が一番多い並びだと思った。そのように思ったが忙しくて来る事ができなかったという話を聞いてもう理解する”とし “年が多くなると思うのが短い。孫が優れてお爺さんに悪くてすまない”と説明した。ここにシン・ドンウクは “今受けた傷が大きいことはしたようだ。話にならない嘘のためない事実をおっしゃってはみでたことではないか。それによって受けた傷が癒えるまでは時間がかかるようだ”と言った。先立って先月シン・ドンウクは祖父を相手で ‘親孝行詐欺’をしたという疑惑に巻き込まれた。当時シン・ドンウクの祖父は “孫に家もままと大田にある土地2500坪を与えることにしたが孫が自分を欺いて土地全部である1万5000坪を持って行った”と主張した。以後所属社スノーウボルエントテインモントは法律代理人新率を通じて立場を明らかにした。法律代理人は “過去シン・ドンウクさんの祖父は妻、息子、孫3代にわたってドメスティックバイオレンス、暴言、殺人脅迫はもちろん絶え間ない訴訟を進行してシン・ドンウクさんを含めて家族構成員に深い傷をつけた”と伝えた。
ソース : [http://news.tf.co.kr/read/entertain/1745917.htm, 2019/02/19 14:02:41]