美 アカデミーD-5, 国内封切り控えて有力候補作は?

Q8I0IsB_o

第91回アメリカアカデミー授賞式が来る24日(現地時間) アメリカロサンゼルスドルビー劇場で開催される。全世界映画人、映画ファンの耳目が集中されている中に、国内封切りする候補作に関心が集まる。アメリカアカデミー授賞式は一名 ‘オスカー’と呼ばれて、アメリカ映画業者と社会法である映画芸術アカデミー協会が授与するアメリカ最大の映画賞だ。受賞に期待を集める作品は通常の日のように国内映画館通りも尋ねて来る。監督賞外国語映画賞撮影賞にノミネートされた ‘コールドウォー’は7日、美術賞音楽賞衣裳賞主題仮想にノミネートされた ‘メリー・ポピンズリトンズ’は14日封切りした。封切りを控えた作品ではどんな作品があるか?◆ ‘もっとペイボリッ:女王の女’最多候補作、作品賞監督賞脚本賞主演女優賞などおおよそ10個部門に候補に上がった ‘もっとペイボリッ:女王の女’は21日国内観客を尋ねて来る。’もっとペイボリッ:女王の女’は絶対権力を持った女王の寵愛を得るために手段と方法を選り分けない二人の女の話を描いた映画だ。’もっとロブスター’で第68回カンヌ国際映画祭審査委員会原状、’キリングディア’で第70回カンヌ国際映画祭脚本賞を受賞したヨルゴスランティモス監督がメガホンを取った。オリビアコルメン、エマ・ストーン、レイチェル・ワイズがそれぞれ絶対権力を持った女王アンド、欲望下女父ゲールヒール、貴族紗羅ゼニングスキャラクターで分解熱演を広げた。先立って開かれた第72回イギリスアカデミー授賞式ではイギリス映画作品賞、脚本賞、主演女優賞、助演女優賞など全部7個部門を受賞する快挙を成した。◆ ‘もっとワイフ’主演女優賞候補に上がったまた他の作品 ‘もっとワイフ'(監督ビヨンルンゲ)は来る27日国内封切りを控えている。’もっとペイボリッ:女王の女’にオリビアコルメンがあったら、’もっとワイフ’にはグレンクローズがある。’もっとワイフ’はノーベル文学賞受賞者に選定されたスター作家と夫の成功のために一生を献身して来た妻の隠れた真実を描いた映画だ。映画でグレンクローズはいつも優雅で沈着な面貌で夫の後からすべての事を賢明に陣頭指揮する妻としての生を充実に暮して来た人物を演技した。クルレンクローズは2019 ゴールデングローブで主演女優賞を受けた。◆ ‘ルーズベイドギンズボグ :私は反対する’長編ドキュメンタリー部門、主題仮想部門にノミネートされた ‘ルーズベイドギンズボグ:私は反対する'(監督ベッシウェスト・ジュリーコーヘン)は来る3月国内封切りを定めた。来る23日、24日二日間CGVアートハウスで主催する2019 アカデミー企画展で先に上映される。’ルーズベイドギンズボグ:私は反対する’と言う差別と偏見に法で対立して戦って世の中を覆した最高裁判事ルーズベイドギンズボグの生と歴史、愛を扱った作品だ。映画の主人公は現在実際アメリカ連邦最高裁判所最高裁判事だ。◆ ‘ファーストリポムド’来る4月 ‘ファーストリポムド’が尋ねて来る。脚本賞にノミネートされた ‘ファーストリポムド’は急進的環境主義者の自殺をきっかけで教会の堕落像を目撃して迷う牧師の話を盛り込んだ映画だ。’タクシードライバー’ ‘怒った牡牛’ シナリオを筆を執り、’アメリカンジゴロ’ ‘エクソシスト5 – オリジナルプリクォル’ などを演出したポールシュレイドがメガホンを取った。主演俳優エダンホック、アマンダサイプリドなど俳優たちの活躍にも好評がつながる。
ソース : [http://news.tf.co.kr/read/entertain/1745885.htm, 2019/02/19 10:17:47]